ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

出会い系のサクラ女が告白するダマしテクニック

メールでのやりとりを通じてお金を搾り取られる出会い系サイトのサクラ詐欺。被害に遭う男性はいまだに後を絶たちません。数年前まで出会い系サイトでサクラのアルバイトをしていた女性に、ダマしの内容、心境を赤裸裸に語ってもらいました。出会い系のサクラの実態を見ていきましょう。



スポンサーリンク
出会い系のサクラ女が告白するダマしテクニック

出会い系のサクラが送るメールの数

まずは出会い系のサクラの職場について聞きました。「私が働いていたのはJR恵比寿駅から歩いてすぐのオフィスビル。ワンフロアにいくつかのサイトが入っていて、常時50~60人がそこでサクラメールを打っている感じ」といいます。

出会い系のサクラは「働いていたのは30代後半から40代の女性がメイン」とのこと。給料は「求人広告には時給1,200円って書いてありましたが実際は950円。勤続年数が長く好成績を出している人は時給2,500円くらい」といいます。

成績というのは「メール相手の男性にどれだけ課金させたか」です。実際、出会い系のサクラが1日にどれくらいのメールを送るかというと「勤務中は常時メールを書いていましたから、多分100通以上」といいます。

出会い系のサクラの課金させるコツ

しかも「それを何万人に一斉送信するのですが、何時間もその作業を繰り返してようやく1件返信があるかどうか」なのです。このため「仕事としては退屈ですが、その分、返信が来た時は盛り上がります」といいます。

より多く課金させる出会い系のサクラのコツはあるのでしょうか? 「とにかく会話を引っ張って相手のメール送受信回数を増やすこと」といいます。「質問を小刻みにして会う約束をするところまでゆっくり持っていく」のです。

「もちろん、待ち合せをしたところで実際には誰も待ってないので、その時は“見つけられなかったからまた今度ね”とさらに引っ張っていく」とか。中には「何百万円も注ぎ込んでいる名物のような人」もいたといいます。この情報は『ラジオライフ』別冊に掲載されていました。

■「出会い系のサクラ」おすすめ記事
Yahoo!パートナーはサクラがいないから出会える
ボイスチェンジャーでテレクラのサクラバイト

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事