ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

テレビが映らないトラブルのとき確認すべきこと

テレビが映らないとき、多くの人は経年劣化や使い方による故障と考えがち。メーカーのサービスマンと称する街の電気屋さんがやってきて、修理費2万~3万を請求されるというのがよくあるパターンです。しかし、テレビが映らないトラブルのときは、ます確認すべきことがあるのです。



スポンサーリンク
テレビが映らないトラブルのとき確認すべきこと

テレビが映らないときはWebで調べる

テレビが映らないトラブルのときは修理センターに電話する前に、同じ故障があるかWebで調べておくことが重要です。「価格.com」の口コミには、製品ごとに故障を訴える情報が出てきます。

口コミは詳細に報告されていることが多く、修理内容などについても細かく言及。また、メーカー側とのやり取りなども事細かに報告されているため、修理センターとのやり取りの参考になります。

ここで、トラブルの症状がWebサイトでも多数報告されていたら、修理センターへの電話のかけ方も変わってくるというもの。また、実際にサービスマンがやってきて実際に修理する際も対応が変わります。

テレビが映らないのは初期不良かも

具体的には、サービスマンが行った修理に対してその修理で大丈夫か、パネルごとの交換が必要なんじゃないのかなど、突っ込んだ質問ができるというわけ。サービスマンもいい加減な対応はできません。

テレビが映らないなど家電の故障の際には、保証切れ=修理代がかかると思いこまないこと。Webサイトに同じ症状が複数報告されていたら、初期不良との可能性もあるからです。

サービスマンに事実を伝え、本社への確認を促しましょう。なお、基本的にサービスマンは、メーカーと契約している街の電気屋。彼らには決定権がないので、メーカーに状況を伝えて判断してもらうことがキモです。

■「テレビが映らない」おすすめ記事
テレビが映らない故障で修理代が無償になった

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事