ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スティック型PCはメーカーで排熱処理に差がある

2015年6月上旬現在、スティック型PCはマウスコンピューターの他にエプソン、FRONTIER、パソコン工房、ドスパラから発売されています。CPUやメモリ、ストレージ、OS、グラフィックチップ、無線LANなどPCスペックは基本的に同じで、できることもほぼ一緒です。各機種を比較してみました。



スポンサーリンク
スティック型PCはメーカーで排熱処理に差がある

スティック型PCの共通スペック

スティック型PCはメーカーによって、CPUとメモリ間のデータ転送が速くなるバーストモードにデフォルトで対応している機種もありますが、体感できるか微妙…。その一方で、ファンの有無やヒートシンクなど排熱設計は大きな違いとなっています。

各メーカーのスティック型PCの共通スペックは、CPUがAtom Z3735F(Bay Trail・QuadCore)で、メモリは2Gバイト、内蔵ストレージは32Gバイト eMMCとなっています。OSはWindows 8.1(32ビット)で、ビデオチップはIntel HD Graphicsです。

マウスコンピューターの「m-Stick MS-NH1」は、ステッィク型PCでは1番最初に発売された機種。シンプルな箱型でファンレス仕様です。サポート経由提供のBIOSでバーストモードに対応しています。サイズが100W×38H×9.8Dmmで重さが約44g。価格は19,800円です。

マウスコンピューターのスティック型PC第2弾が「m-Stick MS-PS01F」。曲線的なデザインで、HDMI端子キャップも半円型です。ファンを追加して排熱対策が強化されました。バーストモードに対応。サイズは125W×37.6H×14Dmmで重さは約61g。価格は20,800円です。

冷却ファン搭載のスティック型PC

エプソンの「Endeavor SY01」は冷却ファン搭載のスティック型PC。トラックパッド付きキーボード(USB接続のワイヤレス)とのセットモデル(23,220円)も販売されています。バーストモードに対応。サイズ/重さは102W×38H×14Dm/約60gで、価格は19,440円です。

ドスパラの「Diginnos Stick DG-STK1」はファンレス仕様ですが、放熱性に優れたメタルボディを採用。給電用とは別にmicroUSB端子を1つ多く搭載しています。BIOS設定変更でバーストモードに対応。サイズは109W×37.6H×14Dmmで重さは約54g。価格は17,980円です。

FRONTIERの「Palm Stick PS01H」は、ファンレス設計ながら内部に大型のヒートシンクを採用しているスティック型PC。持ち運びに便利なストラップホールも備えています。バーストモードに対応。サイズは104W×37.6H×14Dmm、重さは約70g。価格は18,360円です。

パソコン工房の「Picoretta(ピコレッタ)」は「MS-PS01F」の色違いの兄弟機で、全く同じ筐体デザイン。しかし、こちらは大型ヒートシンクを搭載したファンレス設計です。バーストモードに対応。サイズ/重さは119W×38H×14Dmm/約70gで、価格は19,800円になります。この情報は『ラジオライフ』2015年8月号に掲載されていました。(文/在原裕貴)

■「スティック型PC」おすすめ記事
スティック型PCならテレビでネットが楽しめる
スティック型PCのセットアップは5分で終わる
スティック型PCはファン付きモデルがおすすめ
スティック型PCはテレビに挿して起動するだけ!

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事