ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

不倫サイトの個人情報が大量流出した事件の実態

秘密厳守が鉄則の不倫サイトで、あってはならない個人情報の大量流出事件が発生しました。さらにシステム内のデータベース情報から、botやサクラの証拠までが明らかになったのです。不倫サイトで一体何が起きたのでしょうか? 不倫サイトの情報流出事件の実態に迫ります。



スポンサーリンク
不倫サイトの個人情報が大量流出した事件の実態

不倫サイトは退会や登録削除も有料

2015年7月、世界規模の不倫サイトがハッキングチーム「Impact Team」から脅迫を受けました。それは不倫サイトを閉鎖しないと、顧客情報3,700万人の個人情報を公開するというものです。

具体的には、氏名・住所・メールアドレス・クレジットカードなどの情報、ヌード画像(会員が送り合ったものなど)をネットに公開するというもの。チームが不倫サイトに宛てた脅迫メッセージは、トップページの画像を女性の頭部を撃ち抜いたものに改ざんされていました。

この不倫サイト、男性は登録・閲覧以外、女性との連絡はおろか退会・登録削除(19ドル)も有料というシステム。事件の発端は、退会料を払ったのに登録削除されないことにImpact Teamが怒ったためといわれています。

不倫サイトのデータをすべて公開

そして、不倫サイトへの脅迫が狂言でないことは、データの一部(100万件)が公開されたことで一目瞭然。しかし、不倫サイトの運営会社は応じなかったため、チームは1か月後にTor経由でのみアクセスできるサイトで残りのデータをすべて公開しました。

これにより、不倫サイトが豪語していた「完璧なプライバシー」は完全崩壊。実名流出で利用していた聖職者が自殺したり、いたずらメールが大量に届く人も続出しました。

また、ロボットによるbotや大量のサクラを証拠付けるものまでが白日の下に晒され、利用者には二重の衝撃が走ったのです。この情報は『ラジオライフ』2015年12月号に掲載されていました。(文/island)

■「不倫サイト」おすすめ記事
情報漏洩の不倫サイトに47万人の日本人が登録!?
個人情報漏洩の不倫サイトの流出データを検証

■「個人情報」おすすめ記事
Tポイントの個人情報提供を停止する方法とは
スマホは履歴を削除しないと個人情報がダダ漏れ
Googleの裏技を使って個人情報は引き出される
SQLインジェクションは個人情報を根こそぎ奪取
住所から電話番号を調べる定番サイトの使い方

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。