ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

パソコンは処分する前に買い取り先を調べる

パソコン処分には必ずリサイクル料がかかると思っていませんか? 2003年10月以降に購入したものであれば、メーカーがリサイクル処理費も運送費も負担してくれるので、メーカーの窓口に連絡して無料で回収となります。そして、10年落ち以上のパソコンでも処分の秘訣があるのです。



スポンサーリンク
パソコンは処分前に買い取り先を調べる

パソコン処分の前に売れるかチェック

2003年10月以降に購入したパソコンであれば、メーカーの窓口に連絡すれば無料で回収してくれます。それでは、それ以前の10年落ち以上のパソコンはどうでしょう? 残念ながら、これらはメーカーは費用を負担してくれず、回収再資源化料金3,150円(CRTディスプレイ類は4,200円)を支払わなければなりません。

しかし、これでは迂闊に古いパソコンを処分できません。そこで最初にチェックすべきは、処分しようとしているパソコンが売れないかどうかです。型番を入力するとおおまかな査定額を教えてくれるサイトも多いので利用しましょう。

編集部の片隅に埋もれていた2000年頃購入のアップルのシェル型ノートPC「iBook G3(型番M2453・完動品)」があったので、早速調べてみました。すると、やはり古過ぎるのかことごとく査定対象から外れています。

パソコン処分は買い取り先を調べる

かといってレトロパソコンに入るものでもないし…と諦めていたら、何と査定金額500円のメールが! 今回、奇跡的にも500円の査定が出たのは「ピーシーラップ」でした。

ソフマップ」の買い取りの基本は「XP SP2以降搭載のPC」だとか。「じゃんぱら」では、型番から簡単に買い取り価格を検索できます。X68000、PC-98、X-1などレトロPC中心に買いとっているのは「BEEP」です。

最悪、値が付かなかったら「パソコンファーム」も魅力的。パソコンが1台入っていれば、ダンボール箱いっぱいに不要な電化製品もつめ放題というPC無料処分サービスがあります。

パソコン処分の際は、まずは買い取り先を徹底的にネットで調べることが肝心ですね。この情報は『ラジオライフ』2014年1月号に掲載されていました。

■「リサイクル」おすすめ記事
不用品回収が無料!パソコンファームを活用する
粗大ごみの回収は自治体の持ち込みが一番安い
家電リサイクルで損をしないための基礎知識
家電リサイクルで料金がもっとも得する方法は?
パソコンのデータ消去で安心して家電リサイクル

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事