ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

漫画が読み放題になるオススメの無料サイト

マンガ喫茶に行けば大量の漫画が読み放題ですが、3時間で1,000円ほどかかります。そこでオススメなのが、PC・スマホ向けに相次いでスタートしている、無料のマンガ読み放題サービスです。漫画が読み放題になるオススメのサイトをまとめて3つ紹介しましょう。



スポンサーリンク
漫画が読み放題になる無料サイト

ジャンプ漫画が読み放題になる

「ジャンプ+」は過去の人気マンガと、連載中マンガの番外編が週刊形式で閲覧可能。『DRAGON BALL』や『るろうに剣心』のほか、PC版限定で胸が弾みまくる『To LOVEる ダークネス』が見どころです。

LINEマンガは3万冊以上を連載形式で公開。絶版図書館は400作品以上を扱っています。これがあれば、電車での通勤時間や暇な年末年始も、お金をかけず楽しく乗り切れますね。

大人気コミックスが目白押しの「ジャンプ+(http://plus.shonenjump.com/)」。『少年ジャンプ』のWebサービスで、『ワンピース』『ジョジョの奇妙な冒険』などの人気マンガを1日平均5作品、無料で公開しています。

懐かしいアノ作品もラインアップ。おおむね1~12話分を公開中です。また、毎週1話の更新が基本ですが、期間限定で“5巻丸ごと”一気に配信なんて太っ腹なケースもあります。

全236タイトルの漫画が読み放題

全236タイトル読み放題は「LINEマンガ(https://manga.line.me/)」。こちらも連載形式で、毎週1話ずつ無料で公開。作品数は236と豊富なので、お気に入りを見つけられるでしょう。

女性向けの恋愛マンガが多めですが、男性向けマンガも豊富に揃っています。『トリコ』『土竜の唄』『海猿』『アゲイン!』『Hey!リキ』『ボーイズ・オン・ザ・ラン』などなど。

懐かしの作品に出会えるのは「絶版マンガ図書館(http://www.zeppan.com/)」。絶版になってしまったマンガを公開するサイトで、往年の名作が勢揃い。無料の会員登録をすれば全巻無料で読めます。

1970~2000年代の作品がラインアップ。中には単行本化されていない、レアな作品も見つかります。成人向け作品を取り揃えているのも特徴の1つです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事