ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

写真販売で稼ぐ!アマチュア写真を売る方法

相次ぐ災害でマスコミが求める、一般人の撮影したスクープ写真。これまではマスコミに渡してもお金になりませんでしたが、ついにマスコミ向け写真販売サイトが登場しました。それ以外にもストックフォト用の写真を販売することもできます。詳しく紹介しましょう。



スポンサーリンク
写真販売で稼ぐ

写真・動画を販売できるサイト

Scoop!」はテレビで取り扱いそうな写真・動画を販売できるサイト。写真は5,000円~、動画は1万円~の希望価格を決められます。

事件、事故、災害、自作アニメ、ペットと投稿のジャンルが幅広いのが特徴。ランキング上位はやはり事故写真が多くなっています。売れやすくするには、できるだけ早く投稿し詳しい説明を付けるとよいようです。

それ以外に、ストックフォトと呼ばれる広告用写真を売る方法も。こちらはフルーツや工具など、テーマを決めた写真が売れるジャンルです。

ストックフォト写真も販売できる

写真を販売できるサイトとしては「フォトレコ」や「PIXTA」「iStock.」「PhotoLiblary」があります。ストックフォト用の写真はテーマを明確に、ある程度の余白を設け大胆な構図がよいとか。価格の50~70%が投稿者の取り分です。

人気写真の条件は「対象が明確」ということ。動物・クルマなどがはっきり見えて、背景はスッキリしているのが人気です。また「ほどよい余白」があることもポイント。広告用写真なので、文字や情報を載せる余白が必要です。

また「メリハリのあるハデ目の色味」も人気。カラフルでハデな写真が好まれるので、色調調整するとよいでしょう。趣味で撮ったペットや風景写真が売れて、月3万円前後の収入になります。この情報は『ラジオライフ』2014年12月号に掲載されていました。(文/秋本録画)

■「写真」おすすめ記事
写真袋でレア画像を無料で集める方法とは?
証明写真はアプリを使えばたったの30円!
ペット写真をiPhoneで撮るなら「横撮りレンズ」
Flickrの使い方をマスターして写真をアップ
iPhoneの写真加工アプリなら「AutodeskPixlr」
写真加工アプリが無料「Photoshop Express」
写真の撮り方を伝授!一眼レフ初心者を脱出セヨ
コンビニの写真プリントならデイリーヤマザキ
写真プリントするならプリンチャオかクイッキオ
忍者レフでガラスの写り込みを防止して写真撮影

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事