ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Webカメラが乗っ取られるFacebookのバグとは

SNSの「Facebook」によって2012年末から2013年の年始にかけて行われたバグの修正が、一部のユーザーの間で物議をかもすことになりました。このバグが恐ろしいポイントは2つ。Webカメラの脆弱性を含んでいたことと、バグの発見から修正からのタイムラグにあります。



スポンサーリンク
Webカメラが乗っ取られるFacebookのバグとは

Webカメラの脆弱性を含んだバグ

「Peeping Tom(覗き魔)」と呼ばれるこのバグはWebカメラの脆弱性を含んでいました。これを悪用するとユーザーに気づかれることなく、記録した映像をFacebookのタイムラインにそのまま投稿可能だったのです。

このWebカメラに脆弱性を含むバグの恐るべき点は、実際に攻撃が行われた際に発見されにくいこと。この手の攻撃は通常、攻撃者側が送信したコマンドに基づいて実行されます。

そのため、攻撃コマンドやそれに基づく攻撃のプロセスを捕捉できれば、対処することが可能。しかし、このバグが悪用されると、攻撃者がリクエストを行っているか否かをプラットフォームとなったFacebook側で判別するのは、ほとんど不可能であることがわかったのです。

Webカメラで盗み撮られる危険

さらに恐ろしいのは、バグの発見から修正までのタイムラグ。発見したインドのセキュリティ研究者であるアディティヤ・グプタ氏がFacebook側に通知したのは2012年7月でしたが、修正されたのは2012年末です。

つまり、およそ5か月もの間、あらゆるFacebookユーザーが自分のプライバシーをWebカメラで盗み撮られる危険にさらされていたのです。

自己防衛のためには、パソコンを使用していない時はWebカメラをパソコンから外したり、ノートパソコンのような内蔵タイプはガムテープなどでカメラ部分を塞いだりするのが安全。少し神経質すぎるくらいの対策がユーザーには必要かもしれません。この情報は『ラジオライフ』別冊に掲載されていました。

■「Webカメラ」おすすめ記事
暗視カメラは格安Webカメラの改造で作れる!
Webカメラが乗っ取られてプライバシーが漏れる
Webカメラが乗っ取られるFacebookのバグとは

■「カメラ」おすすめ記事
暗視カメラにもなるモバイルバッテリー型カメラ
暗視カメラは格安Webカメラの改造で作れる!
暗視カメラにもなる赤外線付き小型トイカメラ
隠しカメラになるUSBメモリは暗視撮影も可能
赤外線カメラで透視や暗視ができるメカニズムとは
赤外線カメラに改造されたLUMIXを使ってみた

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事