ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スティック型PCはテレビに挿して起動するだけ!

スマホやタブレットなどの小型デバイスは、今や欠かせない存在となりました。次なる必携アイテムは、やっぱりスティック型PCでしょう。スティック型PCはUSBメモリをふた回りくらい大きくしたほどのサイズ感。おすすめは、最新OSのWindoes10を搭載したスティック型PCです。



スポンサーリンク
スティック型PCはテレビに挿して起動するだけ!

スティック型PCのおすすめの1台

スティック型PCは持ち運んで使えたり、自宅でスペースを取らないのが魅力です。大型の液晶テレビに接続してYouTubeの4K動画を再生したり、仕事先のテレビをPCとして利用できるようになります。

そんなスティック型PCの先駆けでもあるのが、マウスコンピューター。特におすすめの1台が、Windows10を搭載した「MS-CH01F」です。

スティック型PCは、テレビに挿して起動するだけ。初めて使う時だけ設定が必要ですが、それ以降はテレビに挿したら起動するだけでそのまま使えます。思った以上に手間なく気軽に使えるのです。

スティック型PCはストレスフリー

実際にスティック型PCを使ってブラウザでネットサーフィンしても、YouTubeで動画を視聴しても、もたつきは全く感じられません。スティック型PCは小型なのに、ストレスフリーなのです。

スティック型PCの基本スペックは、搭載OSがWindows10(32ビット)で、プロセッサーはIntel Atom x5-Z8300です。無線LANはIEEE802.11 ac/a/b/g/n対応、解像度は1920×1080ドット、容量は32Gバイトとなっています。

インターフェースはUSB×3(うち1口は給電用)、microSDメモリーカードスロット×1、HDMI×1です。電源はACアダプタ。サイズは113W×13H×39Dmmで、重さは約62gとなっています。実勢価格は21,800円です。この情報は『ラジオライフ』2016年5月号に掲載されていました。

■「スティック型PC」おすすめ記事
スティック型PCならテレビでネットが楽しめる
スティック型PCはメーカーで排熱処理に差がある
スティック型PCのセットアップは5分で終わる
スティック型PCはファン付きモデルがおすすめ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事