ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Internet Archiveで削除されたサイトを見る方法

目的の情報を検索してなんとか検索結果までたどり着いたものの、いざクリックしてみたら「NotFound」。最近では個人ブログでも「この記事は削除されました」となることも…。しかし、ここであきらめてはいけません。削除された古いWebサイトを見る方法があるのです。



スポンサーリンク
Internet Archiveで削除されたサイトを見る

Internet Archiveはスゴ過ぎる

「Internet Archive」は世界中のWebサイトを定期的にバックアップしているサイト。世界中のあらゆるサイトをひたすら保存し続けているスゴ過ぎるサービスなのです。

使い方は、サイトにアクセスしてURLとバックアップ日を指定するだけ。これで保存された時点の状態のサイトを開けます。

「NotFound」で削除されてしまったサイトでも、あきらめることはありません。Internet Archiveなら、削除されたり更新されて見れなくなった記事も、見られるので便利です。

Internet ArchiveはブログもOK

実際に使うときは、まずInternet Archiveのサイト(https://archive.org/index.php)にアクセス。トップページにある検索ボックスに目的のサイトのURLを入力します。

続いては、サイトがバックアップされた日を選択する画面。見たい情報が載っていた日付を選んでください。

これでバックアップサイトが表示されるはず。消されたファイルが保存されていれば、ダウンロードできることもできます。削除された個人のブログ記事でもInternet Archiveのバックアップから閲覧できるというわけです。この情報は『ラジオライフ』2015年2月号に掲載されていました。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事