ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Amazon偽サイトでありがちなURLの違いとは?

偽サイトといえば中華系ECサイトが有名ですが、最近はAmazonなどの有名ECサイトそっくりのデザインで、IDやパスワードといった個人情報を奪う偽サイトがトレンドです。間違って個人情報を入力したら取り返しがつきません。そこで、Amazonの偽サイトを見分ける方法を紹介しましょう。


スポンサーリンク
Amazon偽サイトでありがちなURLの違いとは?

Amazon偽サイトはURLが微妙に違う

偽サイトは現在、Amazonなどの有名ECサイトそっくりのフレームを作り、認証確認を促すかたちでIDやパスワードといった個人情報を奪うというものがトレンド。財産を脅かされる可能性がある悪質な偽サイトです。

Amazonの偽サイトはURLが微妙に違っていて「https」になっていなかったり、「amazon-co-jp」といったように「co.jp」になっていなかったり…。URLは注意深く確認する必要があります。

なお、このほかにもAmazonでありませんが、ドメインの「google」に、ラテン語文字の「G」を使った偽サイトが報告されています。ドメインの最初の「g」にラテン文字の「G」が使われていました。

Amazon偽サイトを見分ける方法

Amazonなどの偽サイトを見分けるには、常に知識を更新し、偽サイトの特徴を把握しておくことが最大の防御となります。偽サイトにダマされないための方法は次の通りです。

まずは、検索エンジンや広告枠からのリンクを安易に踏まないようにします。そして、知名度の低いECサイトを初めて利用する際は評判を確認することも大切です。クチコミやレビュー評価のコメントが浅いのはとくに注意しましょう。

情報入力ページのURLが「https」になっているかのチェックも大切です。合わせて、情報入力ページのアドレスバーにカギマークがかかっているかも確認します。国内発送なのに外国人名義だったり海外の銀行だったりと、振込先の口座が不信でないかも確認しましょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事