ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Amazonレビューの“ステマ”公式プログラムとは

Amazonで商品を購入する際に参考になるのが、ユーザーによる商品レビュー。家電であれば実際の使用感や気になった点、サポートの対応まであらゆる内容がユーザーの“思いのまま”に投稿されています。じつはAmazonでは“ステマレビュー”を公式で行うプログラムが存在しているのです。


スポンサーリンク
Amazonレビューの“ステマ”公式プログラムとは

Amazon Vineレビューは無償提供

購入を検討する際に参考になるこうしたレビューですが、もしこれが業者から商品の提供を受けたユーザーが、その意向に沿って書いた“ステマレビュー”だったらどうでしょう。

仮にステマレビューの定義を「業者から商品の提供を受けたユーザーが、その要請に基づいて書いたレビュー」とした場合、Amazonにはこれを「公式」で行うプログラムが存在します。

Amazonユーザーならば「Amazon Vineレビュー」と緑色の文字で記載された商品レビューを見たことがあるでしょう。実はこのレビューは、「VINEメンバー」という特別な権限を持つAmazon会員によって「無償提供されたモニター商品」を元に書かれています。

Amazon Vineレビュー以外は禁止

「Amazon Vine先取りプログラム」は、日本では2010年にスタートした制度。質の高いレビューを投稿するユーザーに対して、Amazonが商品を無償提供してレビューを投稿させることで、業者によるステマを抑制し、ユーザーに有益なレビューを提供する仕組みです。

一方で、このプログラム以外で業者から直接商品提供を受けてレビューを書くことや、業者が商品提供と引き換えにレビューを依頼することは、Amazonの規約で禁止されています。

Amazon Vineメンバーに選ばれる要件は明らかになっていませんが、投稿したレビューの“貢献度”などを基準にAmazon側が選定する「招待制」になっています。とにかくマメにレビューを書き続けると、アナタの元にもある日突然、招待メールが届くかもしれません。(文/VA286)

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事