ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

リージョンフリーなら世界中のBDが再生できる

市販のソフトは、その地域(リージョン)でしか再生できないようにリージョンコードで規制されているのはご存じの通り。DVDなら1~6(0はALL)、BDならA~Cに区分されています。この制限を超えて再生できるのがリージョンフリープレーヤーです。リージョンフリーが注目される理由を見ていきます。


スポンサーリンク
リージョンフリーなら世界中のBDが再生できる

リージョンフリーで海外版を収集

アニメのDVDやBDの国内盤コンプリートBOXは数万円と高価です。しかも、国内盤は表現規制がうるさく、NGワードがあればシーンカットがザラ。ここで注目されるのがリージョンフリープレーヤーです。

リージョンフリープレーヤーがあれば、国内盤を買い集めるよりもお得な場合がほとんど。しかも、自主規制で余計なカットがされない無修正版も視聴できます。実際、安価かつノーカットの海外盤をマニアは収集しているのです。

一方で、一部の北米盤の中に「国コード」で再生を制限するソフトも登場しています。そこで入手したいのが、大手メーカー製の北米仕様をリージョンフリーに改造したBDプレーヤーです。

リージョンフリーは北米仕様を改造

例えば、Amazonで見つけたソニーのリージョンフリー化されたBDプレーヤー「BDP-S1700」。再生はBDがA/B/C、DVDが0~6に対応しています。放送方式はNTSC/PAL。サイズ/重さは23.0W×3.9H×19.4Dcm/0.8kgで、実勢価格は27,800円です。

ただし、購入はあくまで自己責任になります。というのも、リージョンフリー化されているソニーやパナソニック製のBD・DVDプレーヤーは、北米仕様の海外モデルを販売業者が非公式に改造したものです。

同じ型番でもリージョンフリー化されていないものもあります。このため、リージョンフリー化されたBDプレーヤーは、購入前に十分に確認するようにしなければなりません。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事