ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Windows8.1タブレットを50%割引価格で購入

Androidタブレットは価格がこなれてきたものの、最新のWindows8.1搭載モデルだと4~8万円と非常に高価。しかしそんな最新Windows8.1タブレットを、半額ほどで買うことができてしまいます。それはOfficeのアカウントだけを抜き取った端末を転売しているケースです。



スポンサーリンク
Windows8.1タブレットを50%割引で購入

Windows8.1端末を転売している

インターネットで「office 欠品 タブレット」「office抜き タブレット」と検索してみてください。定価の半額ほどで販売されているWindows8.1搭載タブレットがヒットするはずです。

実は業者がタブレットからOfficeのアカウントだけを抜き取り、Windows8.1搭載端末とOfficeを別々にして転売しているのです。

とはいえOfficeを使う予定のない人からしてみれば、非常においしい話。最新の未使用タブレットが激安価格で購入できるのですから。ちなみに、Officeは「OEM」版として半額以下で売られています。

Windows8.1タブレット新品が半額

実際に家電量販店で売られている価格と比較してみました。Windows8.1搭載のLenovo「Miix28 59428524」は店頭では34,354円のところ、Office抜きなら21,100円。13,254円もお得に買うことができます。

Officeがあるかないかでこんなにも価格差が出るわけです。OfficeなしのWindows8.1搭載タブレットは新品にも関わらず、正規品の半額ほどの価格で購入できます。

もちろん、スペックは正規品と同一。ネットやゲーム用、電子書籍の閲覧に使うには申し分ないでしょう。この情報は『ラジオライフ』2015年2月号に掲載されていました。

■「Windows8」おすすめ記事
CamStudioは開発終了でWindows8以降に非対応
Windows8以降でDVDを再生するマルチプレーヤー

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事