ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

偽ブランド通販サイトが堂々と運営されている

「ブランド品がほしい」「できれば安く手に入れたい」。そんな需要につけこんだ偽ブランドの悪質な通販サイトが横行しています。偽ブランド通販サイトはまともな対応は期待できません。それどころか、送信した個人情報が盗まれて悪用される危険性もあるのです。



スポンサーリンク
偽ブランド通販サイトが堂々と運営されている

偽ブランド通販サイトが日々誕生

これまで偽ブランドの模倣品といえば、ルイ・ヴィトン、シャネル、コーチなどの老舗ブランドがほとんどでした。しかし、当局のチェックがそれなりに厳しいものになったため、チャンルーやマーク・ジェイコブスやケイト・スペードといった新興勢力の偽ブランドが増殖しています。

老舗ブランドの偽物に比べて利益は低いのですが、価格が安いためクレームが少ない、偽ブランドだと指摘されにくい、輸入の際税関で止められにくいなど全般にチェックが緩いところを突いているのでしょう。

このような偽ブランド品は、インターネットの通販サイトでも多数販売されています。ネットでの買い物が当たり前になりつつある昨今、悪質業者によるWebサイトは日々誕生しています。

偽ブランドの模倣品がEMSで発送

「激安」「並行輸入品」「工場から直送」などとうたっている日本語表記のそれらサイトは一見国内サイトに見えますが、拠点は大半が中国。購入すると、中国の工場で生産された偽ブランドの模倣品がEMS(国際スピード郵便)で発送されてきます。

ただし、代金を支払っても商品が届かなかったり、ひどい粗悪品や注文していない別の商品が送りつけられることがしばしば。「偽物なら全額返金」などとアピールしますが、まともな対応は期待できません。

消費者庁は悪質な偽ブランド通販サイトのURLを公表しています。ただし、サイトのサーバや運営の実態が海外にあるため手の打ちようがなく、現在も堂々と運営されているのが実態です。この情報は『ラジオライフ』別冊に掲載されていました。

■「通販」おすすめ記事
ヨドバシカメラの通販の配送サービスがすごい件
家電をアウトレット通販するならここにアクセス
IKEA通販には公式がないから転売品として大人気
無印良品で通販の送料を無料にする方法とは?
吉野家の裏メニュー!?通販で食べる「親子丼」

■「詐欺」おすすめ記事
詐欺の手口は時代の変化とともに進化してきた
ワンクリック詐欺で悪質なのは心理的圧迫の手口
ワンクリック詐欺は無視するのが何よりの対策
偽セキュリティソフト詐欺に遭わない防衛策とは

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。