ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

流木を高値で販売するために必要なひと手間とは

一見ただのゴミも、人によっては喉から手が出るほど欲しいお宝だったりするもの。身の回りに落ちているものがお金に変わる瞬間です。そんな元手ゼロから始められる副業ジャンルで盛り上がりを見せるのが流木の販売です。そこで、流木を高値で販売するために必要なひと手間について、詳しく見ていきます。


スポンサーリンク
流木を高値で販売するために必要なひと手間とは

流木の販売はオークションが主流

流木の販売は元手ゼロから始められる副業ジャンル。川や海の流木を拾い、アク抜きや天日干しなどの手入れをした後に販売するというものです。流木の販売は、オークションが主流になっています。

流木はオークションに出品すれば、数万円で落札されることもあるほど。ただし、流木を高値で販売するためには、拾ってきた後のひと手間が必要になります。具体的には、汚れの除去と、アク・塩抜き、天日干しです。

これらの処理をした後にオークションサイトに出品しましょう。また、流木を採集しやすい場所としては、河川が流れ込む河口や沿岸付近がオススメ。流木の販売で出品する際は、サイズや採集場所などを詳細に書くのがコツです。

流木販売にひと手間が欠かせない

実際にオークションサイトで「流木」を検索すると、出品数の多さに驚くでしょう。だからこそ、流木の販売には拾った後のひと手間が欠かせないというわけ。ほかの流木の出品を参考にして差別化を図ることが大切です。

このほか、昆虫の販売もアツい副業ジャンル。需要の高いのは、カブトムシやクワガタです。オスでサイズが大きければ、場合によっては数万円の値が付きます。昆虫ならクワガタとカブトムシが狙い目です。

特にクワガタは、熱烈なファンがいるため、オオクワガタはサイズによっては数万円で落札されることもあるほどです。サイズは大きければ大きいほど高値になりやすい傾向があります。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事