ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

マイナンバーで副業はますますバレやすくなる

2016年1月から運用がスタートする「マイナンバー制度」。住民票を有する人に、12ケタの個人番号が割り振られるというものです。このマイナンバー制度で、副業はますます会社にバレやすくなります。舞いナンバーと副業の関係性を詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
マイナンバーで副業はますますバレやすくなる

マイナンバーで副業がバレやすくなる

マイナンバー制度の正式名称は「社会保障・税番号制度」。その名の通り社会保障や税、災害対策において情報を効率的に管理・活用するために導入されるという名目です。

ただこのマイナンバーにより副業がバレやすくなるといわれています。前出の某税理士によると、導入後は正社員、派遣社員、アルバイトなど雇用形態を問わず、勤務先にはマイナンバーの情報提供を求められることになります。

税務署は収入を簡単に調べることが可能。住民税の差でバレたり、また確定申告を行っていなければ所得税の追徴が来るなど、マイナンバーで副業を曖昧に隠すことは難しくなるでしょう。

マイナンバー後も副業バレのリスク減

キャバクラや風俗店などに勤務する場合も、大手のきちんとした店ならばマイナンバーの提出は必須になるはず。法律の範囲内で手軽にできる副業をばれないようにする対策は、自分で住民税を納める方法です。

具体的には、確定申告書第2表の住民税・事業税に関する事項の箇所に、「自分で納付」を選択して、普通徴収にすること。マイナンバー後も副業バレのリスクを減らせる有効な手立ての1つです。

なお「政府公報オンライン」では、マイナンバー制度についての疑問が回答されています。ぜひ参考にしたいところです。この情報は『ラジオライフ』2015年10月号に掲載されていました。(文/加藤カジカ)

■「マイナンバー副業」おすすめ記事
マイナンバーで副業バレのリスクを下げる方法

■「マイナンバー」おすすめ記事
副収入がマイナンバー導入後でもバレない裏ワザ
マイナンバー制度のデメリットがあまりに多い件
マイナンバーのスケジュールと使い方を把握する
マイナンバーは海外に移住しても逃れられない!?
マイナンバーのセキュリティ3つの危険ポイント
個人番号カードは通知カードが来たら作るべき?

■「副業」おすすめ記事
サラリーマンの副業!ボーダーラインを見極める
副業がばれないのは確定申告で住民税で払うから
副業バレでサラリーマンを解雇されたときは?

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事