ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ネットストーカーのTwitter利用者の特定方法

Twitterの安易なつぶやきはネットストーカーの格好の餌食。さまざまな方法でTwitterの利用者を特定するのです。位置情報を付けてTwitterに投稿できるアプリも存在しますが、これもネットストーカーの追跡に利用されます。ネットストーカーが利用者を特定する方法を見ていきましょう。



スポンサーリンク
ネットストーカーのTwitter利用者の特定方法

ネットストーカーはツイートから特定

今起きていることをリアルタイムでサッと投稿できるのが、Twitterの魅力。「急に大雨が降ってきて最悪」とか「○○というお店に来ています」なんてつぶやく人も多いのでは?

しかし、このような発言はネットストーカーの格好の餌食。発言内容から、自分の住んでいる場所や行動範囲が知られてしまいます。

ネットストーカーはツイートや画像から行動範囲を特定します。一部地域でしか発生しないゲリラ豪雨や特定の地域で行われているイベントの情報などの書き込みで、生活圏がバレてしまうこともあるのです。また、土地勘のある人なら、ツイートに添付されている写真から行動範囲を特定できるでしょう。

ネットストーカーはメアドから特定

メールアドレスから利用者を特定するのもネットストーカーの常套手段。やり方は「おすすめユーザー」の中にある「友だちを見つける」を開きます。ターゲットのメールアドレスを、Gmailのアドレス帳に追加。Twitterの「友だちを見つける」機能で、Twitterアカウントがすぐに発見できるのです。

ネットストーカーは、位置情報付きのツイートからも利用者を特定します。「Tweetbot 4」というiOSアプリは、近所のツイートを絞り込む機能を搭載。「Nearby Tweets」を選択します。

すると、位置情報付きのツイートが絞り込むことが可能。もしターゲットのツイートが見つかれば、現在地が一発で分かってしまいます。この情報は『ラジオライフ』2015年12月号に掲載されていました。(文/中谷仁)

■「ネットストーカー」おすすめ記事
ネットストーカーの情報収集テクを知っておく

■「Twitter」おすすめ記事
Twitterのツイートを全削除する便利サービス
Twitterの影響力を簡単にチェックする方法
閉店セールの情報はTwitterのリアルタイム検索
パクツイアプリでツイートの横取りが急増中
Twitterで乗っ取りがなくならない2つの理由
Twitterアカウント乗っ取りに遭わない注意点
Twitterに鍵をかけることで行動の筒抜けを防ぐ
Twitter乗っ取りのパスワードを入手する方法

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事