ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

1,000円台から購入できるおすすめVRゴーグル

VRゴーグルといっても、1,000円台から10万円以上のものまでさまざま。価格と性能のバランスを考えると、ビギナーにおすすめなのは、スマホをモニターにして視聴するタイプです。そこで、5,000円あればお釣りがくる格安VRゴーグルのおすすめをタイプ別に紹介しましょう。



スポンサーリンク
1,000円台から購入できるおすすめVRゴーグル

VRゴーグルを折りたたんで持ち運ぶ

ダンボール組み立て型が「ハコスコ タタミ2眼」です。素材がダンボールで、自分で組み立てるのが特徴。価格は1,000円以下です(1眼・2眼タイプあり)。ヘッドマウントなどないので、両手で双眼鏡のように持ちながら視聴します。

VR映像がどんなものか“覗き見”できる入門機的なVRゴーグルです。サイズは約162W×130H×85Dmmで、重さは約50g。対応スマホサイズは4~6インチとなっています。実勢価格は972円です。

いつでもどこでもVRを楽しみたいという人には折りたたみ型の「iZugra VR GlASS」。コンパクトに折りたためるので、持ち運びしやすいのがポイントです。左右にフラップがあるので、多少の没入感は確保されます。

このVRゴーグルもこちらも手持ち式。サイズは約160W×120H×710Dmmで、重さは約316gです。対応スマホサイズは4~6インチとなっています。実勢価格は1,611円です。

VRゴーグルのスピーカーで没入感

2,000円前後の価格帯になると「Tepoinn 3DVRメガネ」のようなヘッドマウントタイプのVRゴーグルが主流になります。ハンズフリーで視聴できるので、VRゲームなどが楽しめるでしょう。

本体部分に焦点と視界距離の調整機能が付いているのも特徴。VRの魅力をより深く堪能できるでしょう。サイズは約175Wx120H×242Dmmで、重さは約594g。対応スマホサイズは3.5~5.5インチとなります。実勢価格は2,160円です。

3,000円台のVRゴーグルになるとヘッドマウントは当たり前。さらに機能がプラスされて、より快適なVR体験が可能となります。「VOX BE 3DVR ゴーグル」は、焦点と視界距離の調整はもちろん、スピーカーが装備されて没入感が格段にUPします。

音にもこだわれると、どんなジャンルのVR動画も満喫できるでしょう。サイズは約215Wx120Hx195Dmmで、重さは約408g。対応スマホサイズは4~6インチとなっています。実勢価格は3,800円です。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事