ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

VRコンテンツが無料アプリで簡単に作成できた

アプリや専用カメラの登場で、VRコンテンツの制作がグッと身近になってきました。ちょっと前までVR動画といえば、「GoPro」6台合体+専用ソフトで…みたいにハードルの高いものでした。ところが、今はスマホに無料アプリを入れ、撮影ボタンをタップすればVRコンテンツが簡単に作成できます。


スポンサーリンク
VRコンテンツが無料アプリで簡単に作成できた

VRコンテンツ作成の無料アプリ

VRコンテンツ作成ならGoogleが提供する無料アプリ「CardboardCamera」がおすすめ。操作がシンプルで、周囲の音も録音するため、再生時により臨場感あふれるVR動画が楽しめます。Google PlayとApp Storeで入手できます。

さっそくCardboard CameraでのVRコンテンツの作り方を見ていきましょう。アプリを起動したら、赤いボタンをタップすると撮影開始。録音の有無は右のアイコンで選びます。

撮影を開始したらカメラを構えたまま、その場で水平にゆっくり360度回転。速過ぎると警告が出るようになっています。撮影終了すると、自動でデータの変換が開始。サムネイルが明瞭になったら完了です。

VRコンテンツが一瞬で完成した

今度はCardboard CameraでVRコンテンツを再生してみます。撮影した画像はパノラマ写真となり、JPG形式で保存。音声も同ファイルに記録されますが、Cardboardアプリでのみ再生となります。

VRゴーグルアイコンをタップして、ゴーグルを装着。すると、スマホの標準カメラでパノラマ画像を撮影しただけなのにVR画像にレンダリングされています。VRコンテンツが一瞬で完成しました。

VRコンテンツ再生中に下を向くとマーカー(小さな円)が表示され、メニュー選択などが可能になります。画像に重なるとマーカーがひと回り拡大。タップすると選択される仕組みです。

■「VRコンテンツ」おすすめ記事
VRコンテンツの基本はYouTubeにある360度動画
VRコンテンツが無料で楽しめる無料アプリ4選
スマホでVR動画を楽しむ方法は超カンタンだった

■「VR」おすすめ記事
VRとは360度フレームをなくして脳を騙す映像
1,000円台から購入できるおすすめVRゴーグル
おすすめVRゴーグルはスピーカーの臨場感が違う
VRゴーグルはタイプによってコンテンツが違う
1,000円以下で本格的なVRゴーグルを作る方法
「THETA S(シータS)」がVRカメラとして大人気
VRゴーグルの自作は100均のルーペを流用する

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事