ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

DVD Flickの使い方をマスターして動画をDVD化

DVDは対応プレーヤーが多く、メディアも安いため、動画の保存に最適です。DVD-Video形式にしてライティングすれば、家電のBDレコーダーなどでも見られます。そんな動画のDVD化には「DVD Flick」。DVD Flickの使い方をマスターして動画をDVD化してしまいましょう。



スポンサーリンク
DVD Flickの使い方をマスターして動画をDVD化

DVD Flickの使い方は簡単

動画をDVD化する手順としては、まずオーサリングソフト「DVD Flick」を利用して各種の動画ファイルをDVD-VideoのISOイメージに変換します。DVD FlickはAVIやMPG、MP4などあらゆる形式の動画をDVD-Videoにできるのです。SourceForgeのサイトからダウンロードできます。

DVD Flickの使い方は簡単。まずDVD化したい動画ファイルを登録。その後、DVDのタイトルやフォーマットなどを設定し、メニューのデザインを選びます。

最後にツールバーの「Create DVD」をクリックすればDVD-VideoのISOイメージが作成されるというわけ。あとはライティングソフトを使って、このISOイメージをDVD-Rに書き込めばDVD-Videoの完成です。

具体的なDVD Flickの使い方

具体的なDVD Flickの使い方を見ていきましょう。動画ファイルの登録は「Add title」から。なお、ファイル名に日本語が含まれていると作業途中でエラーが出ます。

続いてツールバーの「Project settings」を開いて「General」内の「Title」にDVDのタイトルを入力。「Video」を開いて「Target format」が「NTSC」になっているのを確認しましょう。他形式になっている場合は「NTSC」にします。

「Burning」を開いて「Create ISO image」にチェック。これでISOイメージが作られます。メイン画面に戻って「Menu settings」を開き、メニューの種類を選択。ツールバーの「Create DVD」をクリックするとISOイメージの作成が始まります。この情報は『ラジオライフ』別冊に掲載されていました。

■「ISOイメージ」おすすめ記事
Freemake Video Converterの使い方をマスター
ISOイメージの再生方法はDVDとBDで違っている
ISOイメージを書き込むためのImgBurnの使い方

■「動画」おすすめ記事
ニコニコ動画をアカウントなしで視聴する方法
動画共有サイトはどのブラウザを利用する?
動画をダウンロードする際のボーダーラインとは
動画配信が見放題で持ち帰りOKなネットカフェ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事