ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Freemake Video Converterの使い方をマスター

Blu-ray Disk(BD)は容量が大きいため、長時間の映像を1枚のディスクにまとめられるのが利点です。家電のBDレコーダーで再生するには、BDMV形式(BDビデオ)にする必要があります。そこで、フリーソフト「Freemake Video Converter」の使い方を紹介しましょう。



スポンサーリンク
Freemake Video Converterの使い方をマスター

Freemake Video Converterは簡単

BDMVの作成はDVD-Videoに比べて複雑な設定が必要。しかし、フリーソフト「Freemake Video Converter」ならそれらの設定をほぼ全自動化できます。

すなわち、Freemake Video ConverterはBDMV形式が複雑な使い方なしで作成可能。難しい設定抜きに簡単にBD化できるのです。Freemake Video Converterは専用ページからダウンロードできます。

Freemake Video ConverterでBDMVを作成する使い方は、まず動画を登録してBlu-ray出力機能を選択。あとは保存設定を変え、「変換する」ボタンをクリックすれば処理が始まります。

なお、Freemake Video Converterは使い方次第でBDMV化して、そのまま直接データをBD-Rに書き込むことも可能です。ただし、ここではディスクに書き込む前に仕上がりを確認できるISOイメージを作成する方法を紹介しています。

Freemake Video Converterの使い方

Freemake Video Converterの使い方は、まず「ビデオ」をクリックして、BD化したい動画ファイルをすべて登録。ソフト下部にあるメニューから「Blu-ray」を選択してBlu-ray出力機能を開いてください。

メニューの種類を選択し、宛先を「ISOイメージを作成する」に変更します。なお、メディアに書き込んだ後、プレーヤーで再生できない場合はメニューをなしにしてみましょう。改善することがあります。

ISOイメージの保存先を指定し、「変換する」をクリック。ISOイメージの作成が始まります。「変換が完了しました」と表示されれば作業完了です。ISOイメージが作成されています。

なお、Freemake Video Converterはカット編集という使い方も可能。動画から不要な部分をカットしてから、ディスク化できます。カット編集するには登録した動画の右端にある編集ボタンをクリックし、カット部分を指定します。この情報は『ラジオライフ』別冊に掲載されていました。

■「ISOイメージ」おすすめ記事
DVD Flickの使い方をマスターして動画をDVD化
ISOイメージの再生方法はDVDとBDで違っている
ISOイメージを書き込むためのImgBurnの使い方

■「動画」おすすめ記事
ニコニコ動画をアカウントなしで視聴する方法
動画共有サイトはどのブラウザを利用する?
動画をダウンロードする際のボーダーラインとは
動画配信が見放題で持ち帰りOKなネットカフェ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事