ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

情報漏洩に使われる手口を知っておいて損はない

日本国内でも個人情報が相次いで漏洩しています。「敵を知り己を知れば百戦殆うからず」の格言通り、情報を盗む手段を知っておけば、先回りして対策を打てるというものです。情報漏洩の被害者にも加害者にもならないために、情報戦の攻めと守りの基本を押さえておきましょう。



スポンサーリンク
情報漏洩に使われる手口を知っておいて損はない

情報漏洩はネット経由で転送

情報漏洩のよくある手口として、記録メディアで持ち出すケースが挙げられます。ターゲットのPCにUSBメモリなど記録メディアを接続し、ファイルをコピーして持ち出す手口です。

問題は持ち込み制限ですが、サイズが16W×19H×0.9Dmmの超小型USBメモリ「UltraFit」なら口や靴下の中に仕込んで持ち込めます。また、PCのHDDを丸ごと抜き取るのも、時間が許せば最強の方法です。

情報漏洩の手口としては、ネット経由でデータを転送するケースもあります。流出経路として、「宅ふぁいる便」などファイル転送サービスがよく挙げられます。

情報漏洩が無線LANから狙われる

しかし、この手口は指定したWebサイトのみアクセスを許可する、ホワイトリスト形式のセキュリティが導入されたPCでは使用できません。そこでストレージサービス「Google Drive」や「One Drive」の出番。OSに近いためか、アクセスしやすいのです。

情報漏洩の手口には、無線LANから忍び込むケースがあります。無線LANネットワークを使っているオフィスなら、勝手にアクセスして情報を抜くことが可能。近くまで行き、共有化設定したノートPCでアクセスするだけです。

無線LANがないなら、エレコムの「WRH-583BK2-S」などのポータブルルータを持ち込み、社内のルータとLANケーブルで接続。すぐにWi-Fi環境が構築されるので外部からファイルが見放題になります。この情報は『ラジオライフ』2016年7月号に掲載されていました。(文/橋本和明)

■「情報漏洩」おすすめ記事
Tポイントの個人情報提供を停止する方法とは
スマホは履歴を削除しないと個人情報がダダ漏れ
Googleの裏技を使って個人情報は引き出される
SQLインジェクションは個人情報を根こそぎ奪取
住所から電話番号を調べる定番サイトの使い方
PCが遠隔操作できる「Brynhildr」で情報漏洩

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事