ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

パソコンのパスワードを抜き出す手口とその対策

浮気調査において探偵が最初に調査するのは個人のパソコン。PCにはSNSやメールの履歴、さらには浮気相手との写真など、プライベートな情報がたくさん保存されているからです。パソコンで真っ先に狙われるブラウザのパスワードを盗み出す手口とその対策を見ていきましょう。


スポンサーリンク
パソコンのパスワードを抜き出す手口とその対策

パソコンのパスワードは簡単にわかる

パソコンのブラウザにはログインを簡略化するため、パスワードを保存できます。しかし、パスワードは暗号化されずに保存されるので、ツールなどを使うことで抜き出すことが可能です。

「WebBrowserPassView」というパスワード表示ソフトを使えば、起動するだけでブラウザに残っているアカウント情報がすべて表示されます。第三者でも簡単にパスワードが分かってしまうのです。

パソコンのパスワード流出を防止するには、ブラウザからすべてのアカウント情報を消して「KeePass」というソフトでパスワードを管理するとよいでしょう。まずはブラウザのパスワードを消す方法からです。

パスワード管理ソフトでガードする

まずは使用しているブラウザ(ここではInternetExplorer)の設定画面を開き、履歴に関する項目を選択します。「パスワード」にチェックを入れて「削除」をクリック。これでアカウント情報が消えるのです。

続いて、パスワード管理ソフト「KeePass」にパスワードを登録してガードします。KeePassに各サイトのアカウント情報を登録すれば、マスターパスワードで保護されるので安心です。

なお「キーロガー」とはキーボードの入力内容を記録するソフト。これを仕込まれると、入力したパソコンのパスワードも含めてすべて記録されてしまいま。バックグラウンドで動作するため気づきにくく、ウイルス対策ソフトでも検出されないものが多いので要注意。プロセス一覧からキーロガーは見つけらます。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事