ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ネット通販詐欺を見分ける方法とその対応策とは

ネット通販での買い物が当たり前になった今、頻発するのがショッピング詐欺。ネット通販は商品を見ずに買い物をするだけでなく、ショップや店員を見ずに購入するだけにトラブルも多いのです。商品が届かないAmazonマケプレ詐欺や、悪質店舗胃の楽天市場詐欺を見分ける方法とその対応策を見ていきます。


スポンサーリンク
ネット通販詐欺を見分ける方法とその対応策とは

ネット通販詐欺のリスクが高い出品者

「Amazonマーケットプレイス」は、誰でもAmazonに出品できるサービス。ほとんどは安全な出品者ですが、中には異常に低い評価や海外から発送の出品者がいます。ネット通販詐欺のリスクが高いので、避けた方が賢明でしょう。

ネット通販の大手サービスといえど油断は禁物です。ロープライス品の一覧を開くと、出品者の評価や発送元が分かります。購入前に必ず確認しましょう。海外発送や評価が低い場合は要検討です。

Amazonマーケットプレイスでネット通販詐欺に遭わないための対応策としては、Amazon配送の商品を選ぶこと。「AMAZON.CO.JP配送センターより発送されます」と記載されていれば、Amazonが配送してくれます。多少価格が高くても安心です。

ネット通販の偽装詐欺サイトも横行

「楽天市場」では、商品説明と異なるものが送られてくるトラブルが存在します。返品できれば単なるミスで済むのですが、まれに返品を拒否する詐欺業者もあるようです。詐欺商品はレビューで報告されていることもあります。購入前に確認するようにしましょう。

また、楽天の店舗を装ったネット通販の偽装詐欺サイトも横行しているため気を付けなければなりません。楽天市場のショップとそっくりなデザインで、ユーザーを騙す悪質なサイトは、ドメインを確認して回避します。

楽天市場でネット通販詐欺に遭わたないための対応策としては「詐欺サイトストッパー」など、詐欺サイトがまとめられているWebサイトを活用。楽天市場の偽装サイトも報告されていました。

■「詐欺」おすすめ記事
巧妙化するワンクリック詐欺の最新手口と対処法
ワンクリック詐欺は無視!契約は成立していない
詐欺の手口は時代の変化とともに進化してきた
ワンクリック詐欺で悪質なのは心理的圧迫の手口
ワンクリック詐欺は無視するのが何よりの対策
偽セキュリティソフト詐欺に遭わない防衛策とは
LINEで詐欺に遭わないために気をつけること4つ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事