ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

アドウェアは削除ツールでまとめて撃退すべし!!

動画ユーザーにとって特に感染率の高いアドウェアが、「hao123」や「Baidu」といった中国製の検索エンジン。1度感染すると、Webブラウザのホームページ画面が書き換えられるほか、鬱陶しい広告をバンバン配信してきて厄介です。アドウェアの削除方法を紹介しましょう。



スポンサーリンク
アドウェアは削除ツールでまとめて撃退すべし

アドウェアの削除はスタートメニュー

アドウェアの削除方法は、まず感染プログラムのアンインストールを行います。Windows8.1/8/7の場合は、「スタートメニュー」から「プログラムのアンインストールまたは変更」を開いて、特定のファイルをアンインストールするのです。

続いて、Webブラウザのスタート画面の修正。FireFoxの場合は、「FireFoxメニュー」から「オプション」と進み、一般タブのホームページ欄のURLを修正します。

ただし、悪質なアドウェアになるとレジストリの書き換えを行うものも存在。プログラムのアンインストールとフォルダの削除だけでは解決できないケースもあります。

アドウェア削除ツールAdwCleaner

そんな時は、アドウェア削除ツール「AdwCleaner」。アドウェアを自動チェックしてまとめて駆除できます。AdwCleanerはフリーソフト。「ToolsLib」のサイトからダウンロードできます。公式サイトからインストーラーをダウンロード。「adwcleaner_4.208.exe」ファイルを実行し、インストールします。

インストールしたらAdwCleanerを起動。「スキャン」ボタンをクリックすると、HDD内のスキャンが始まります。

スキャン完了後、アドウェアの疑いのあるファイルが一覧で表示されるので、消したいファイルにチェックを付けて「削除」ボタンをクリック。PCの再起動を促す画面が表示されたら「OK」を選び、PCを再起動します。この情報は『ラジオライフ』2015年9月号に掲載されていました。

■「アドウェア」おすすめ記事
ダウンローダーはかなり高確率でアドウェア感染
ポップアップ広告を削除するオススメ駆除ツール

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事