ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ワンクリック詐欺で悪質なのは心理的圧迫の手口

ワンクリック詐欺とは、Webサイトに仕掛けたボタンを巧妙にクリックさせ、ユーザーが意図しない何らかの契約が成立したと偽り、料金を不正に請求する手口。ワンクリック詐欺で悪質なのは、その心理的圧迫にあります。ワンクリック詐欺の手口を詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
ワンクリック詐欺で悪質なのはさまざまな心理的圧迫

ワンクリック詐欺の悪質な心理的圧迫

サイバー犯罪というと、組織・団体を標的にしたものを思い浮かべますが、ワンクリック詐欺は個人をターゲットにしたものの代表例。ワンクリック詐欺は日本国内でも、インターネットが普及した頃から見られる古典的な手法です。

ワンクリック詐欺は、大半がアダルトサイトを舞台に行われます。不正請求のパターンはさまざまですが、多くは次のようなプロセスです。

まずWebサイトのボタンやメールにリンクされたURLをクリック。すると年齢認証、規約同意画面などを表示されます。それをユーザー側がクリックすると、契約成立の旨の表示と不正な料金の要求されるというわけです。

ワンクリック詐欺で悪質なのは、ユーザーへの心理的圧迫です。パソコンのIPアドレスや携帯端末の識別番号といった、一般のサイト側で認識できる情報を表示して、さもユーザー側が特定されたと思わせます。

ワンクリック詐欺には懐柔策もある

さらには、料金請求画面やいかがわしい画像を断続的に表示したり、いい加減な法的根拠や入金期限を示すなど手口はいろいろ。ワンクリック詐欺の犯罪者側はあらゆる手法で被害者を追いつめます。

ワンクリック詐欺にはキャンペーン期間中として、本来の利用料より割安な金額を提示するなどの懐柔策まであるほど。被害者側がじっくりと対応を考えられないように、畳み掛けてくるのです。

「どこで契約したかは明確ではないが、契約した気がする」という負い目や、アダルトサイトへのアクセスを他人に知られずに解決したいというユーザー心理から、料金を支払ってでも解決したいと思うのは、想像に難くありません。

■「ワンクリック詐欺」おすすめ記事
ワンクリック詐欺は無視するのが何よりの対策
ワンクリック詐欺に遭ったらスマホでも無視する
ワンクリック詐欺ならぬフォークリック詐欺とは

■「詐欺」おすすめ記事
偽セキュリティソフト詐欺に遭わない防衛策とは
詐欺の手口は時代の変化とともに進化してきた
詐欺事件の黒幕が被害者となるケースもある

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事