ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Kali Linuxでセキュリティの脆弱性をテストする

「Kali Linux」はセキュリティの脆弱性をテストするためのテストツール。いわばハッキングツールと無料OSのパッケージのようなものです。Kali Linuxには、データベース脆弱性チェックツールや侵入テスト実行ツールなどをパッケージ。Kali Linaxのダウンロードと起動方法を紹介します。



スポンサーリンク
Kali Linuxでセキュリティの脆弱性をテストする

Kali Linuxは侵入テストの専用OS

Kali Linuxは、強固なセキュリティ構築を目的としてペネトレーションテスト(侵入テスト)を行う、そのための専用OS。平たくいえば、ハッキングツールを無料OSと一緒にオールインワンパッケージにしたものです。

多機能であるがゆえに、操作をマスターするには、本が1冊どころか数冊できてしまうほどボリューミー。とはいえ、ネットには日本語での情報も増え始めています。

自由配布・利用可能な無料のLinuxディストリビューション「Kali Linux」。USBメモリからブートするLiveモードでも使るので、まずは気軽に試してみるといいでしょう。

Kali Linaxを起動するパスワード

Kali Linaxのダウンロードと起動方法です。まず、Kali Linux(64ビット、ISOファイル)をダウンロードします。容量が2.6Gバイトもあるので、先にUSBメモリをFAT32でフォーマットしておきましょう。

Win32 Disk Imager」でダウンロードしたISOを書きこみます。[Image File]に、ダウンロードしたKali LinuxのISOを選び、[Write]ボタンをクリックすればOK。あとは、BIOSでUSBブートができる設定にすれば完了です。

Kali Linaxを起動するときのユーザーは「root」、パスワードは「toor」。ツールは非常に分かりやすく階層管理されています。ただし、数が多過ぎて個々に表示されていないものもかなりあるのです。この情報は『ラジオライフ』2016年5月号に掲載されていました。

■「セキュリティ」おすすめ記事
無料セキュリティソフトで鉄壁の環境を構築する
無料のセキュリティソフトならAviraがオススメ
偽セキュリティソフトで金銭をだまし取る手口
偽セキュリティソフト詐欺に遭わない防衛策とは
指紋認証でPCのセキュリティを万全にする!
ウイルスチェックを50以上のソフトで一括スキャン
パスワード管理ソフトのオススメは「KeePass2」
キーロガーはUSB型を設置されたら発見は困難

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。