ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Tor Browserを使ってウィキリークスに投稿する

ウィキリークスを支える大きな柱といえるのが「Tor(トーア)」と呼ばれる匿名通信システムです。リークする人の素性を守るために用意されています。通常のブラウザの代わりにTor Browserを使うだけです。ウィキリークスを支えるTorや暗号化について見ていきましょう。



スポンサーリンク
Tor Browserを使ってウィキリークスに投稿する

Tor Browserを使って匿名通信

クリプトームのような先行するリークサイトに比べて設立当初のウィキリークスが斬新だったのは、通信経路匿名化ソフトウェアの「Tor(トーア)」を応用したリーク受付システムを用意していたことでした。

Torはオニオン・ルーティングという技術を実装したソフトウェア。アクセス元のIPアドレスなど、リークする人につながりかねない情報をアクセス先に残さないようにすることができます。

すなわち、Torは接続元IPアドレスを隠してネットにアクセスできる、匿名通信システム。通常のブラウザの代わりにTor Browserを使うだけです。Tor経由でしかアクセスできないサイトもあります。

Tor Browser経由でないリーク

実際、現在のウィキリークスのリーク投稿システムは匿名化ソフトTor経由でのみアクセス可能。よって、仮にウィキリークスのサーバが押収されたとしても、リークする人の素性は秘匿されたままとなります。

その後、運営の混乱からしばらくこのシステムはほぼ機能を停止。ウィキリークスが名を挙げたリークのほとんどは、結局のところTor Browser経由ではなく、従来通りの手渡しなどで得られたデータが多かったようです。

しかし、2015年に入ってようやく復旧。「wlupld3ptjvsgwqw.onion」から、Tor経由でのみアクセスすることができます。また、公開鍵暗号ソフトウェアのGnuPGによってあらかじめ資料を暗号化しておくことも推奨されています。この情報は『ラジオライフ』2016年7月号に掲載されていました。(文/八田真行)

■「ウィキリークス」おすすめ記事
ウィキリークスはChromeの自動翻訳で利用する
ウィキリークスの運営体制はどうなっている?
クリントンのメールをウィキリークスで見る方法

■「Tor Browser」おすすめ記事
プロキシサーバ利用でTor拒否サイトを突破する
Tor Browserを使って完全匿名で情報収集する

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。