ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ヤフオクで配送トラブルに合わないポイント4つ

ヤフオクをはじめとするネットオークションでは、配送トラブルがつきもの。個人間取り引きのため梱包の仕方がバラバラであることに加えて、運送業者によるミスもあるからです。ヤフオクで運送業者の配送トラブルに遭った実例を元に、対応すべき4つのポイントを紹介しましょう。



スポンサーリンク
ヤフオクで配送トラブルに合わないポイント4つ

ヤフオク配送トラブルはまず写真

ヤフオクの配送トラブル対応ポイント1つめは「荷物の状況を写真撮影」です。ダンボールが濡れているなら、乾く前に直後の現状を記録しておきます。万が一の証拠として残しておきましょう。

トラブル対応ポイント2つめは「運送会社に電話」。ダンボールが濡れているという現状を認めさせるために、「すぐに来るように」とサポートセンターに電話で伝えます。

3つめは「Webサイトで補償確認」。配送会社には運送保険があります。今回の事例が適用範囲なのか、交渉前に事前に調べておくのは必須。企業側が法的範囲でできる最善の対処を知っておくのです。

ヤフオク出品者へも確認しておく

ヤフオクの配送トラブル対応ポイント4つめは「出品者に状況を報告」することです。これは、発送時にはダンボールが濡れていなかったことを確認するため。商品返品、返金などの話になることもありえます。

今回のケースでは、ヤフオク!出品者は自分の手元は離れているので、落札者と業者で話して下さいと全面委任。ここまで自分の立場を明確にしたうえで、運送業者と交渉にのぞむ準備が大切です。

電話してから約2時間後。やって来たのはスーツを着た本社社員と、エリアの責任統括者の2人。当初は今回の被害に対して「そんなはずはない」と否定していました。しかし、出品時の状況まで調べた旨を説明すると、素直に配送中のミスを認めたのです。落札額の支払いを承諾してもらえました。

■「ヤフオク」おすすめ記事
ヤフオク!の自動入札ソフトなら「BidMachine」
ヤフオク!アプリで出品して不用品を現金化
ヤフオク!は便利アプリを活用して賢く売買する
ヤフオク出品の撮影キットを100均グッズで自作
ヤフオク転売に最適な高額レアグッズカタログ
転売の販売先は手数料で選ぶとAmazonかヤフオク
ヤフオク!で相場より安く落札する方法とは?
ヤフオク落札品が配送で水濡れしたときの交渉例

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事