ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ヤフオク出品の撮影キットを100均グッズで自作

ヤフオクに出品してフィギュアなどを売る際に重要なのが、商品写真のよし悪しです。適当に撮影しても売れるには売れますが、できれば少しでも高値で売り抜きたいところです。そこで、ヤフオク出品の写真をきれいに撮影できる物撮りキットを100均グッズで自作してみました。



スポンサーリンク
ヤフオク出品の撮影キットを100均グッズで自作

ヤフオク出品の物撮りキットの作り方

ヤフオク出品の物撮りのために高価なライティングキットを購入し、セッティングすればプロが撮影したようなきれいな写真が撮れます。でも、それでは初期投資がかかり過ぎて本末転倒。だったら、DIYで格安に作ってしまいましょう。

用意する材料は計1,500円程度。ワイヤーネット4個と乳白色アクリル製まな板4枚(光を通しやすい薄手のもの)、タイラップ6個、ワインホルダー2個、LED懐中電灯(ズームリングタイプ推奨)2個、白模造紙です。

さっそく、ヤフオク出品の物撮りキットの作り方を見ていきましょう。まずは枠組みの作成です。ワイヤーネットの格子状部分をニッパーですべて切り外し、枠組みだけにします。切り取ったままだと怪我をする可能性もあるので、金ヤスリで慣らしておくとよいでしょう。

ヤフオク出品で目立つこと間違いなし

枠組みだけになったワイヤーネットのサイズに合わせ、まな板を切断。切断したまな板の四隅(背面用・側面は穴2つ)に電動ドリルで穴を開けたら、まな板をワイヤーネットの枠組みにタイラップで固定していきます。

折りたたみ仕様にするなら、背面と天板・背面と側面のみ固定。これで卓上撮影スタジオの完成です。薄いまな板がディフューザーとなっています。

ワインホルダー上部にタイラップで撮影用のLEDライトを固定して作業は終了終了です。LEDライトはズームリングタイプなので光の当たり具合を微調整できます。中に模造紙を敷いて完成です。

通常、ライトを直射して撮影すると、影があって細部が暗くつぶれてしまうもの。このヤフオク出品の撮影キットを利用すれば光が全体に回り、ワンランク上の写真が撮影可能。ヤフオク出品で目立つこと間違いありません。この情報は『ラジオライフ』2015年7月号に掲載されていました。

■「ヤフオク」おすすめ記事
ヤフオク!の自動入札ソフトなら「BidMachine」
ヤフオク!アプリで出品して不用品を現金化
ヤフオク!は便利アプリを活用して賢く売買する
ヤフオク転売に最適な高額レアグッズカタログ

■「100均」おすすめ記事
バッテリー寿命で100均の単三電池を選ぶ!
デッドニングは100均アイテムで十分に事足りる
車の盗難防止策が100均アイテムで破られる!?
赤外線ライトを100均の懐中電灯を改造して作る
家具の転倒防止は100均の安定板を2枚使いする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。