ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ロープの結び方の基本は知っていて損はないはず

いつどこで災害がおこるかはわかりません。そんなときに知っておきたいのが「ロープの結び方」です。「つなぐ・結わえる・持ち上げる」といった基本のロープの結び方は知っていて損はありません。ロープの結び方を知っていれば、テントを張る時などアウトドアでも活躍できます。



スポンサーリンク
ロープの結び方の基本は知っていて損はないはず

漁師結びは頑丈なロープの結び方

2本のロープをつなぐのに最適なのが「漁師結び」です。漁師結びは頑丈でほどけないロープの結び方。引っ張れば引っ張るほど外れなくなるのが特徴です。体をくくりつけて命綱としても使えます。

まず、片方のロープをもう一方のロープに結んで結び目を作ります。そして逆の手順で反対側のロープにも結び目を作り、ロープを左右に引っ張ると結び目が締まりつながるのです。脱出用ロープにも使えます。

木や石などロープを他のものに巻き付ける時に便利なのが「ふた結び」です。対象物にロープを回して結び付ける「ひと結び」を2度繰り返します。強度が高まり、引っ張っても解けません。

持ち運ぶ時に便利なロープの結び方

テントを張る際にペグにロープを結びつける時や、バケツを上に引っ張る時などに重宝します。2重の結び目で引っ張っても外れません。荷物や人を吊る時にも使えるでしょう。

丸太などを持ち運ぶ時に便利なロープの結び方が「スリング」です。輪っかにしたロープの真ん中に対象物を置きます。左右から巻いて、どちらかの端をもう一方の端に交差すれば完成です。

簡単にいえば、輪にしたロープで対象物を巻いて、端通しをくぐらせるだけで出来上がり。さらにスリング部分に他のロープをふた結びなどで結んで木の枝に引っ掛ければ、吊り上げることもできます。(文/橘千尋)

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事