ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

一万円札の偽造防止技術を知って偽札を見分ける

定期的に世間を騒がせる偽札などの偽造通貨の数々。偽札がおもにターゲットとするのが一万円札です。うっかり偽札をつかまされたら、使うワケにもいきません。そうならないために知っておきたい、一万円札の偽札と本物を見分ける偽造防止技術の数々を見ていきましょう。



スポンサーリンク
一万円札の偽造防止技術を知って偽札を見分ける

偽札を防止するスキ入れバーの本数

一万円札の偽札防止技術といえば「スキ入れ」です。いわゆる「透かし」になります。カラーコピーなどによる偽札なら、この部分をチェックすればすぐに見破れるでしょう。

また「スキ入れバーパターン」も存在します。場所は肖像画の左肩のあたりです。一万円札は3本、五千円札は2本、千円札には1本の棒状のスキ入れがあります。

角度によって図柄が変わる「ホログラム」もカラーコピーでは再現できない偽札防止技術。触るとザラつきを感じる「深凹版印刷」は両サイド上にある数字部分などで採用されています。

「マイクロ文字」は虫眼鏡などを使わないと見えないサイズの文字が書かれた偽札防止技術。「NIPPONGINKO」という英字が各所に細い線のように印刷されています。「ニ」「ホ」「ン」というカタカナが配置された「隠し文字」も有名です。

偽札防止の潜在模様は数字が見える

ブラックライトを当てると光るのが「特殊インキ」。オモテ面の印章に使われています。また、お札を傾けるなどするとピンク色の光沢が見えるのは「パールインキ」という偽札防止技術です。

「潜在模様」はオモテ面左下にある偽札防止技術。じっくり見ないと分かりませんが、一万円札なら「10000」という数字が入っています。また、ウラ面の右上あたりにある潜在模様は「NIPPON」です。

「識別マーク」は、深凹版印刷を使った目の不自由な人に向けた券種識別記号。オモテ面の右下と左下にあるL字型の模様です。この形状がお札の種類によって違っています。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事