ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

クレジットカードの不正利用がなくならないワケ

国内のクレジットカード不正利用被害額はここ数年減少傾向にあるとはいえ、いまだ年間約100億円に上っています。また、偽造キャッシュカードによる不正引き出しも後を絶ちません。なぜこれら偽造カードによるクレジットカードの不正利用がなくならないのにはワケがあります。


スポンサーリンク
クレジットカードの不正利用がなくならないワケ

クレジットカードの不正利用の装置

クレジットカードの不正利用に用いられるカード類は、意外にも古い機器で作られます。生カードと磁気カードリードライター、エンボッサー、ティッパーの装置一式があれば、簡単に偽造カードを作成できるのです。

磁気カードリードライターは、世界でクレジットカードとして使われているJIS-Ⅰ型や、キャッシュカードや国内金融系カードに使われているJIS-Ⅱ型のカードに情報を書き込めます。スキミングなどで得られた、マスターとなるカードを読み込ませることで、コピーも可能です。

エンボッサーはカード表面に番号・名前・有効期限のエンボスを打ち込む装置。エンボスは、オンラインシステムが不調の場合などに、インプリンタと呼ばれる機器で、番号や名前を伝票へ転写するためのものです。

ティッパーはエンボスの先端に色を付ける装置。エンボス加工直後のカードは、文字の先端は白く変色した状態。背景と色が同じで、非常に文字を判別しにくいため、エンボスの頂点に金色や青色で着色を行うことになっています。

クレジットカード不正利用の危険性

これだけの作業でカードは完成。ほんの数分の作業です。しかしなぜ、こんなに簡単にクレジットカードの偽造が可能なのでしょう。ヒントは、機器の古さ。20年以上前の非常に旧式のシステムのものです。

いまだにこれらの機器でも偽造ができてしまうのは、カード自体の規格が40年以上から変わらないレベルであり、セキュリティが非常に低いということ。最新の非接触カードは今のところ安全といわれていますが、地球上にある億単位のカードを一気にICカードへ変更することはできません。

世界では磁気ストライプを使ったJIS規格がいまだ主流で利用されています。このため、どうしてもローテクの部分はなくすことができないのが現状。磁気カードのセキュリティはカセットテープと同じレベルであるため、専用の機器さえ入手すればクレジットカードの不正利用に使われる危険性があります。

なお国内では、学生証や入退室管理カードなどの事務系の磁気カードを偽造する目的で所持していると、5年以下の懲役もしくは50万以下の罰金に処せられます。さらにこれが金融系カードになると、10年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金となり、国内では拳銃所持と同レベルの犯罪とみなされているのです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事