ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

偽札防止の隠し文字は千円札の裏面右上の花びら

日本の紙幣には、16種類もの偽札防止技術が使用されています。中でも印刷技術は世界トップクラスといわれているほど精巧なもの。精密な模様に10色の中間色を多用したインクで印刷されており、簡単には複製できません。日本の紙幣に採用されている偽札防止技術について、詳しく見ていきましょう。


スポンサーリンク
偽札防止の隠し文字は千円札の裏面右上の花びら

偽札防止の隠し文字はどこにある?

偽札防止技術に「マイクロ文字」があります。「NIPPON GINKO」や額面をアラビア数字で表現した極小文字です。曲線としてデザインされている箇所があり、肉眼では模様にしか見えません。

日銀や印刷局では偽札防止の「隠し文字」の存在は公開していませんが、10倍程度のルーペで「ニ」「ホ」「ン」の3文字が見られます。千円札の裏面右上にある、桜の花びらの隠し文字が比較的分かりやすいでしょう。

「すき入れバーパターン」は2004年11月より採用された偽札防止技術技法で、表面の右端に縦棒のすき入れが施されています。縦棒の数は額面で変わり、千円札が1本、五千円札が2本、一万円札が3本です。

偽札防止マークのユーリオンとは?

「潜像模様」は紙幣を傾けると模様の中に文字が浮かび上がる技法。千円札は、模様の角度を変えると「千円」と「1000」の2種類が見えます。少々パールがかって見えるのも千円札だけの特徴です。その他の一万円札、五千円札、二千円札は額面がアラビア数字で浮かび上がります。

「深刻凹版印刷」は従来の凹版印刷よりも、インクの盛り上がりが強く感じられる偽札防止の印刷技法。「壱万円」などの漢字の額面と「日本銀行券」「日本銀行」や、盲人用の識別マークなどに利用されています。

「ユーリオン」とは、プリンターやスキャナーに、紙幣であることを認識させるための偽札防止マーク。コピー機がユーリオンマークを認識すると、コピーが停止される仕組みです。現在市販されているコピー機器の多くが対応しています。

■「偽札」おすすめ記事
一万円札の偽造防止技術を知って偽札を見分ける
偽札の対人タイプと機械向けタイプの違いとは?

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事