ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

冷やすと復元する「消せるボールペン」大実験

ボールペンは消えないという長年の常識を見事に覆した「消せるボールペン」。付属のラバーでこすることでインクが消えるという画期的なアイテムです。しかし、中にはきちんと消えない、冷やすとインクが元に戻るといった製品も…。そこで14本の消せるボールペンを実験台にし、性能をあぶり出してみました。


スポンサーリンク
冷やすと復元する「消せるボールペン」大実験

消せるボールペンは文字が復活する

今や定番文房具となった「消せるボールペン」。元祖であるパイロットのフリクションシリーズだけでも数種類。加えて、ユニボールや無印良品でも販売されています。そこで、痕跡を残さずにきれいに消せるか、冷やしても文字が復活しないかといった性能を14本のペンで実験しました。

消せるボールペンの実験方法は「書き心地・消字性能・インクの復活具合」です。消せるボールペンとして、大前提として求められるのが書き心地。インクの量・乾きやすさなどもチェックしました。

付属のラバーまたは付属の消しゴムで、跡を残さずにきちんと消せるかを消字性能で検証します。摩擦熱で消えた消せるボールペンのインクは、冷やすと元に戻るもの。インクの復活具合では、15分冷蔵庫で冷やして結果を見てみました。

消しゴムで消えるボールペンが高評価

安定の性能を発揮したのが、パイロットの「フリクションボールノック(0.5mm)」。フリクションの定番製品です。消す際にやや力をかける必要があるものの、しっかりと消去できました。

書き心地はなめらか。インクの量は多めですが、乾きが早いのが特徴です。消字性能は、ラバー式でそこそこ力が必要だが、きちんと消えてました。ただし「-10℃で復元」とあるように、冷蔵庫で簡単に復元されます。

そして、14本中最も結果がよかったのが、クーピーで有名なサクラクレパスの「消しゴムで消えるボールペン(0.6mm)」。実験した3項目のうち2項目で星5つを獲得するほどの高評価でした。

書き心地は良し。擦れないうえに細い字も書きやすい印象です。消字性能は、消しゴム式で消しかすが出ますが、ほぼ完璧に消えました。そして、インクの復活具合は復元率0%。冷蔵庫で冷やす前と全く変わらなかったのです。(文/Toybox)

■「消せるボールペン」おすすめ記事
消せるボールペン比較!改ざんに使われるのは?
消せるボールペンによる改ざんを見破る方法

■「ボールペン」おすすめ記事
世界に誇る油性ボールペンがジェットストリーム
モバイルバッテリーのおすすめはボールペン型
ボイスレコーダーおすすめは使えるボールペン型

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事