ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

アクセルとブレーキの踏み間違いを防ぐペダル

高齢者によるアクセルとブレーキの踏み間違いによる事故が社会問題となっています。75歳以上のドライバーには免許更新時の認知機能検査が義務付けられるなど、高齢者事故の対策も進んでいますが、根本的な解決にはなりません。そこで登場したのが、アクセルとブレーキの踏み間違いを防ぐペダルです。


スポンサーリンク
アクセルとブレーキの踏み間違いを防ぐペダル

アクセルの踏み間違いを防ぐペダル

高齢者によるクルマのアクセルとブレーキの踏み間違いによる衝突事故が問題となっています。停車させようと焦ってブレーキを踏むつもりで、間違ってアクセルをより強く踏んでしまうことが原因です。

この心理を逆手にとって、アクセルの踏み込みで急ブレーキのかかる特許技術を開発したのが、ナンキ工業の「STOPペダル」。アクセルを限界以上に踏み込むと、ブレーキがかかって急停止する仕組みです。

アクセルとブレーキの踏み間違いを防ぐSTOPペダルは、ナンキ工業の南社長が70歳の時に開発して特許を所得したもの。しかも、既存車に後付けできる仕様となっているのもポイントです。

アクセルを踏み込むと急停止した

アクセルとブレーキの踏み間違いを防ぐペダルは、交通安全イベントに展示するためのデモ電動車があって、装置の作動を手軽に体験できます。実際にデモ電動車に試乗してみたところ、通常時のアクセル操作に支障はありません。

そして、アクセルを力いっぱい踏み込むと、カチッとロックする感触があり、しっかりブレーキがかかって急停止しました。現在は、カー用品メーカーと商品化に向けて準備中とのことです。

アクセルとブレーキの踏み間違いを防ぐペダルの作動の原理を分かりやすく見せる装置も体験。アクセルを限界以上に踏み込むと、カチッとロックする感触とともに、ブレーキランプが点灯しました。(文/秋葉実)

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事