ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

探偵が愛車を遠隔監視するカーセキュリティとは

探偵のクルマだからといって、車上荒らしや盗難から逃れられるわけではありません。探偵もカーセキュリティ用品をしっかり愛車に取り付けています。ただし、ターゲットの尾行を生業とする探偵の場合、取り付けるカーセキュリティも本格的。愛車を遠隔監視する探偵のカーセキュリティを見てみましょう。


スポンサーリンク
探偵が愛車を遠隔監視するカーセキュリティとは

探偵も利用するカーセキュリティ

探偵も利用しているカーセキュリティ対策がこちら。小型GPS発信器にスマホとファイバースコープを組み合わせ、愛車の現在位置と内部の様子を遠隔監視できるシステムです。

「番犬ドンデ」は衝撃感知とGPS機能を搭載した、高性能な防犯グッズ。それにファイバースコープを装着したスマホを加えることで、どこにいてもクルマの位置と、車内の状況を同時に確認できます。

番犬ドンデは専用サイトで、振動検知感度を設定ができる仕様。番犬ドンデのGPSがクルマの位置をどこまでも追跡してくれます。現在地はGoogleマップに表示される仕組みです。

車内の様子を手元のスマホで監視

手元のPCやスマホで、スコープと接続した車載スマホのカメラアプリを起動。車内の様子がリアルタイム映し出されます。映像はアプリによるIP接続で配信。クルマが自分から何km離れていようと手元のスマホで監視できます。

番犬ドンデの通信方式はW-CDMA(800MHz/2GHz)。バッテリー容量は650mAhで、充電方式はmicroUSB。連続使用時間は最大400時間です。サイズは48W×17.5H×69Dmmで重さは60g。実勢価格は34,000円(月額利用料金:1,500円~)となっています。

また、車内の様子の監視に使用するのは「USB防水内視鏡ケーブル7mm径7M」。画素数は30万画素、ケーブル長は7m、カメラ先端径は7Φ、重さは216gとなっています。実勢価格は4,980円です。(文/秋葉実)

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事