ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

キーロガーはキーボード入力をこっそり記録する

「キーロガー」とは、パソコンのキーボード入力情報を記録する装置のこと。キーロガーにはソフトウェア型とハードウェア型が存在しています。なかでも、ハードウェア型はキーボードととUSB端子の間にセットするため、ウイルスチェックでも見つかりません。キーロガーを詳しく見ていきましょう。


スポンサーリンク
キーロガーはキーボード入力をこっそり記録する

キーロガーに特定のコマンドを入力

一見、USBメモリのような外観ながら、キーボードで入力したタイピング情報を逐一記録するのが、Keyllamaの「キーロガー」。使い方は、USB接続されたPCとキーボードの間に割り込ませるだけです。

外付けなのでウイルスチェックでも見つからず、パスワード入力した文字列やメールの内容がすべて筒抜け。しかも万が一、キーロガーが回収されても、コマンド入力しないと内部データにアクセスできない仕様です。

キーロガーの記録にアクセスするには、メモ帳でマジックパスといわれる特定のコマンドを入力。これでキーロガーに保存されたデータにアクセスできるようになります。逆にこのマジックパスがわからなければ中身はわかりません。

キーロガーは直接購入で半額以下

実際に、キーロガーにどのようなデータが記録されるのか見てみましょう。データはすべて英数字。ローマ字入力で日本語タイピングしていた場合、そのままローマ字読みをすれば何が書かれたか一目瞭然です。

キーロガーは輸入代行業者により国内Amazonでも見かけますが、米Amazonで直接購入すれば半額以下で買えてしまうこともザラ。ただし、悪用厳禁です。自分のPCの監視などに使いましょう。

このキーロガーの主なスペックは、容量が4MBとなっていてテキスト記録は約2,000ページ分です。サイズ/重さは約28W×60H×22Dmm/約30g。実勢価格は52.99ドルとなっています。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事