ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

1万円以下で買えるドライブレコーダー画質比較

万が一事故が発生した時のために、走行中の様子を録画するドライブレコーダー。毎日のように長距離を運転する人ならまだしも、月に数回程度しか運転しないなら豊富な機能は不要。基本性能をしっかりと備えた5千~8千円くらいの価格帯が目安です。そんなドライブレコーダーの画質を比較しました。


スポンサーリンク
1万円以下で買えるドライブレコーダー画質比較

1万円以下ドライブレコーダー比較

1万円以下で買えるドライブレコーダーはさまざまなメーカーから販売されていますが、格安モデルは無名ブランドも多数存在。そこで提案したいのが、「バラエティショップ」という選択です。

比較したのは、サンコーの「スーパーミニ液晶付きドライブレコーダー」と、上海問屋のルームミラー型「DN-12865」、エフ・アール・シーの「FT-DR100S」になります。実勢価格はそれぞれ5,980円、6,000円、7,990円です。

画質比較は、まだ日が落ちる前の明るい状態で撮影しました。露出は±0、解像度は最大に設定しています。スーパーミニタイプは赤が強めに出る派手な色合いは、信号の識別にも役立ちそうな印象です。

ドライブレコーダーの動体検知比較

ルームミラー型ドライブレコーダーは画質の良さはピカイチで、手前だけでなく約10m先の看板も読めるほど。信号色の認識はいまひとつでした。FT-DR100Sは、他に比べて明るい映像。描写力と色の認識はもう一歩です。

Gセンサーと動体検知の精度も比較しました。3機種とも同じ設定で走行してみましたが、さほど違いは感じられませんでした。動体検知の精度はどれも敏感なので、駐車中の事故や車上荒らし対策としても有効に働くでしょう。

いずれの機種も1万円以下という低価格ながら、必要な機能は完備。ボディに安っぽさはあまり感じられません。見た目も性能も個性が強いのがスーパーミニタイプ、昼夜問わず画質No.1はルームミラー型、バランスの整ったモデルがFT-DR100Sです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事