ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

DRY-FH95WGはGPS内蔵ドラレコでもコンパクト

ユピテルのドラレコ「DRY-FH95WG」はGPS内蔵にもかかわらずコンパクト設計がウリの新製品です。そこでDRY-FH95WGの性能を調べるべく、昼間の一般道や夜のネオン街、照明の少ない夜間高速を実走。その画質や画角などを使い勝手も含めて紹介しましょう。



スポンサーリンク
DRY-FH95WGはGPS内蔵ドラレコでもコンパクト

DRY-FH95WGは500万画素を採用

センサーに500万画素のC-MOSを採用し、従来の200万画素程度の製品より高画素・高精細をうたったユピテルの新製品が「DRY-FH95WG」です。センサーは500万画素カラーC-MOSを採用して、モニターは2.0インチカラーTFT液晶。サイズは62W×48H×32Dmm/56gです。実勢価格は17,980円となります

DRY-FH95WGのGPSアンテナは、ガラスに貼り付けるブラケット側に内蔵しています。機体はコンパクトで、設置後もドライバーの視覚に入らず運転しやすいのが特徴。内蔵のGセンサーは0.1G単位で感度調整ができるため、クルマや走りに応じたセッティングが可能です。

また、アクシデントで突然電源が途絶えてしまっても、内蔵のスーパーキャパシタから一時的に電源を確保。ファイルの破損を防ぐ本格的なバックアップ機能を装備するのも、DRY-FH95WGの特徴となっています。

DRY-FH95WGは夜は苦手という印象

昼間の一般道を走行して画角と描写をチェックしてみると、DRY-FH95WGは500万画素という高画素のセンサーが活かし切れていないのが残念なところ。レンズと映像エンジンの差が出たのかもしれません。

ネオン街&照明が少ない高速道路の夜間走行してみると、DRY-FH95WGは夜は苦手という印象を受けました。光源を相当明るく表現する分、光源のない郊外では、画面は全体的に暗い印象。

夜間の事故の際、衝突の過程などは分かりますが、標識部分を読み取るのは難しいかもしれません。この情報は『ラジオライフ』2015年6月号に掲載されていました。

■「ドラレコ」おすすめ記事
ドライブレコーダーおすすめは「DrivePro200」
トランセンドDrivePro200は高画質ドラレコ
KNA-DR300は駐車モード搭載の多機能ドラレコ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事