ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

消せるボールペンによる改ざんを見破る方法

消せるボールペンによる書類の改ざんが増えています。そこで、改ざんを見破る方法を紹介しましょう。消せるボールペンは付属のラバーで消しますが、実際は温度変化で透明/不透明になる性質を利用しています。冷凍庫に10~20分保管すれば、改ざんされた文字が復活するのです。



スポンサーリンク
消せるボールペンによる改ざんを見破る

消せるボールペンは冷凍庫で色が復活

消せるボールペンなら、上長の印鑑を押してもらった後に書類を改ざんするのも造作ないことです。実際、消せるボールペンによる文書偽造が多発し、証書類などでは使用を禁止する通達が行われています。

ですが、肉眼では消せるインクかどうかの違いは全く判別できません。そんな時は、文書を冷凍庫に10~20分保管してみましょう。

65度以上でインクが透明になる消せるボールペンのインクは、マイナス20度で色が復活するようにできているからです。これで文字を消して書き直していれば、すぐに見破れます。悪いことをしてもバレてしまうものなのです。

消せるボールペンは熱風でも消える

パイロットの消せるボールペン「フリクション」で実験してみました。書いた文字は付属のラバーで擦ると、摩擦熱でインクが消えます。ちなみに、65度以上でインクが透明になるフリクション。ドライヤーの熱風なら一発で消すことも可能です。

そして、消せるボールペンの使用が疑われる文書は、ジップロックに入れてマイナス20度以下の冷凍庫で10分以上保管してみましょう。すると、冷凍庫に10分保管すると消された文字が復活するのです。

実際に冷凍庫から取り出すと、消された文字が復活していました。いったん復活した文字は65度以上まではそのまま残っています。この情報は『ラジオライフ』2015年2月号に掲載されていました。

■「消せるボールペン」おすすめ記事
消せるボールペン比較!改ざんに使われるのは?

■「ボールペン」おすすめ記事
モバイルバッテリーのおすすめはボールペン型
ボイスレコーダーおすすめは使えるボールペン型

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事