ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

バイク盗難防止グッズを車内設置用にプチ改造

車載用防犯グッズは配線の取り付けが面倒な上、1万円以上するものはザラ。ダミーセンサーではその道のプロなら簡単に見破ります。そこで活用したいのがバイク盗難防止グッズ。2,000円代の格安バイク盗難防止グッズは、ちょっと改造すれば車載用に使うことができるのです。



スポンサーリンク
バイク盗難防止グッズを車内設置用にプチ改造

2,000円台の格安バイク盗難防止グッズ

そこで、2,000円台の格安バイク盗難防止グッズである防犯ブザーを車載用に加工して運用しまいましょう。バイク用防犯ブザーを車内設置用に改造してしまうのです。

「P27Mar15」は実勢価格2,180円のバイク盗難防止グッズ。電源は単4形乾電池×3本(別売)です。音量は95dBで、赤色LEDを1灯搭載。通常は二輪車のハンドルに設置します。

バイク盗難防止グッズはクルマのハンドルにも取り付け可能ですが、運転のたびに取り外したりと非常に不便。そこで、車載用として改造してしまいましょう。

バイク盗難防止グッズを車内に設置

使うのは100円ショップで売られているクリップ。柄をラジオペンチで90°に
折り曲げます。ステアリング固定パーツのネジを外し、加工したクリップをアラームにネジ止めするのです。

バイク盗難防止グッズを設置するのは、外からでも目立つようにエアコン吹き出し口。ここにクリップをかまして常時設置します。

これでバイク盗難防止グッズを車載用に改造完了。LEDで威嚇して、アラームで撃退することができます。この情報は『ラジオライフ』2015年6月号に掲載されていました。

■「バイク」おすすめ記事
3輪バイクをミニカー登録するための改造キット
バイクの走行距離が電動ドリルで改ざんされる

■「盗難防止」おすすめ記事
車の盗難防止策が100均アイテムで破られる!?

■「カーセキュリティ」おすすめ記事
車中泊のカーセキュリティおすすめ便利グッズ
ナンバープレートの封印がゴムホースで外れる!?
車上荒らしが使うオリジナル解錠ツールを検証
車上荒らしは緊急脱出グッズをガラス割りに使う

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事