ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

単三電池1本でヘッドライト並みのLEDライト

防災グッズの必需品といえば懐中電灯。いまどきは消費電力が少ないながらも明るいLEDライトが主流です。そんなLEDライトでも、単三電池1本でヘッドライト並みの明るさを持つのが「LED LENSER M5」。大停電に備えて持っておきたいLEDライトの使用リポートを紹介しましょう。



スポンサーリンク
単三電池1本でヘッドライト並みのLEDライト

140ルーメンで点灯するLEDライト

パワーチップLEDのおかげで、単3形乾電池1本の小型サイズながらも140ルーメン/約5時間点灯を実現。そんなLEDライトが「LED LENSER M5」です。

このLEDライトはジェントスが販売。サイズはφ23.5×112Wmmで、重さは約70g(電池含む)。実勢価格は4,536円です。

実際に、このLEDライトを使って140ルーメンのパワーモードで空き地を照らしてみると、照射された部分はかなりの明るさ。単三電池わずか1本とは思えないほどでした。

普段から携行したいLEDライト

同じ140ルーメンでスポット光を壁に照射してみると、円形にムラなくきれいに照らし出します。これならLEDライトで照射した対象を識別しやすいでしょう。

さらに、このLEDライトは調光機能でパワーセーブすれば8時間点灯。遠方から視認しやすいフラッシュ点滅モードも備えています。

ワイド光からスポット光まで無断階で調節もOKという多才ぶり。普段から携行したいLEDライトでしょう。この情報は『ラジオライフ』2015年10月号に掲載されていました。

■「単三電池」おすすめ記事
バッテリー寿命で100均の単三電池を選ぶ!
単三電池をPBで買うならミスターマックス!
単三電池を1円玉とコピー用紙で単一電池にする

■「LEDライト」おすすめ記事
LEDライトにエネループを使うときは注意が必要
LEDライトは信頼できるブランドにこだわるべし
LEDライトは中華メーカーが個性的でおもしろい
LEDライトおすすめは5千円以下なら閃シリーズ
LEDライトおすすめ価格帯はホットな1万円以下
LEDライト最強!1km先を照らす遠方照射モデル
フラッシュライトをワルサー社が作るとこうなる

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事