ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

消火器代わりにボールを投げて鎮火するグッズ

消火器の代わりに、火点に投げて投擲するボール形の消火剤が「消える魔球」です。コントロールよく命中させれば、燃えさかる炎に近接することなく消火が可能。消火器よりも危険が少ないかもしれません。実際に消火器の代わりに「消える魔球」を使って炎を沈下させてみました。



スポンサーリンク
消火器代わりにボールを投げて鎮火するグッズ

消火器よりも炎に近づかずに鎮火

「消える魔球」はネーミングがすべてを表しています。ボトル状の消火剤を炎に向けて投げる製品はありましたが、「消える魔球」はその名の通り、ボール状の容器に消火剤が入っています。

ボール状の容器に消火剤を入れた、いわば投擲形消火用具です。そのため軽量で投げやすく、燃えさかる火点に近接することなく、命中させて消火が可能。コントロールにもよりますが、消火器よりも炎に近づかずに鎮火できるでしょう。

「消える魔球」の主成分は潤滑剤等入り水。消火剤容量は200ccで、サイズはΦ76mm、重さは230gです。実勢価格は5,980円となっています。

消火器の代わりにボールを投げる

直径76mmはプロ野球の公式ボールより1mm大きいですが、人間が精度よく投げやすい大きさになっています。重さは消火剤が入っているので230gと、80gほど公式ボールより重たい仕様です。

実際に、消火器の代わりに燃えさかる炎めがけて「消える魔球」のボールを投げてみました。命中して5秒くらいで炎は下火に。2球目を投じたら即鎮火しました。

消える魔球の容器を割ると、少し刺激臭のある液体が出てきます。手に触れても痛みはないので安心して使えるでしょう。この情報は『ラジオライフ』2015年10月号に掲載されていました。

■「防災グッズ」おすすめ記事
防災ラジオを受信感度と動作時間で比較してみた
防災ラジオのおすすめは手回し充電のRF-TJ10
手ぬぐいは使い方次第で防災グッズに早変わり

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。