ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

詐欺事件の黒幕が被害者となるケースもある

詐欺事件の黒幕として、暴力団が逮捕・起訴される報道を見たことがある人も多いでしょう。それだけに一般の人たちは暴力団はダマす側のエキスパートだと思うかもしれませんが、実は彼らが詐欺事件の被害者となるケースもあるのです。詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
詐欺事件の黒幕が被害者となるケースもある

よく使われた詐欺事件の手口

よく使われた詐欺事件の手口の1つとして、都内など大都市圏に住む親分宛てに以下の内容の手紙やFAXが送り付けられていたといいます。「自分は50名ほどの若い衆を抱えているが、もう年齢も若くないので是非とも侠として名高い○○親分の下で、若い衆を預かってもらえないか」というものです。

こうした申し出に心が動かない親分はいません。いまや成り手が少ないヤクザ業界で、50名も若い衆が増えて一気に大所帯に躍進できれば組織内での評価が高まるのは間違いないからです。

「侠として名高い」というゴマスリに上気し、手紙の末尾にあった「ついては若い衆がそちらに向かう旅費をお送りいただけるよう、どうぞよろしくお願い致します」との言葉を読んで親分は過分な額を手紙の主に送り付けるのです。

詐欺事件として警察に届けない

そこから毎日、首を長くして待つのですが、先方からは一向に連絡がありません。ついに待ち切れずに連絡を取ってみると、電話も不通で書かれていた住所もデタラメ。そこでようやく親分はダマされたことに気付くといいます。

ところが暴力団は詐欺事件として警察には絶対に届けませんし、知り合いの暴力団にもダマされたことがバレるのが恥ずかしいから話しません。次から次へと暴力団の親分から旅費をダマし取る詐欺は成功したといいます。

百戦錬磨の暴力団でも手紙一通でコロリとダマされるのですから、免疫の少ない一般人が詐欺事件でダマされるのは無理もないでしょう。詐欺事件の被害者とならないためにも、うまい話は片っ端から疑ってもよいでしょう。この情報は『ラジオライフ別冊』に掲載されていました。

■「詐欺」おすすめ記事
詐欺の手口は時代の変化とともに進化してきた
ワンクリック詐欺で悪質なのは心理的圧迫の手口
ワンクリック詐欺は無視するのが何よりの対策
偽セキュリティソフト詐欺に遭わない防衛策とは

■「警察」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止違反は苦手!?注意だけの警察官が増加中

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。