ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

マイナンバーのスケジュールと使い方を把握する

公平な社会保障と税の取りこぼしを減らすことがマイナンバー制度の最大の目的ですが、施行直前に早くも「改正マイナンバー法案」が成立。金融機関の預貯金口座にも任意で適用されることになりました。マイナンバーのスケジュールと使い方について把握しておきましょう。



スポンサーリンク
マイナンバーのスケジュールと使い方を把握する

マイナンバーポータルのスケジュール

私達自身が関わるマイナンバーの運用については、2016年1月から年金の照会や相続税の手続きで申告することが最初のアクションです。勤務している会社にマイナンバーの申告を求められる場合も多いでしょう。

また、証券口座を持つ金融機関に対しての届け出が推奨されます。これはいずれ、義務化する予定です。

翌2017年1月からは、確定申告や源泉徴収、特定口座年間取引報告書などに記載の必要があります。行政によるマイナンバーの利用履歴を確認できるWebサイト「マイナポータル」も閲覧可能になるスケジュールになっています。

マイナンバーを届け出るスケジュール

マイナポータルでは社会保障や税金についての情報もチェックできるようになります。マイナンバーと紐付く情報が増えれば、マイナポータルで対応する見込み。なお、マイナポータルを利用する際には個人番号カードを読み込むカードリーダーと暗証番号が必要です。

現在審議中のマイナンバー改正法案がそのまま通過すれば、2018年1月からは預金口座を持っている金融機関に対し、マイナンバーを届け出るスケジュールになっています。この他に、さまざまな分野の情報が紐付けられる予定です。

やがてあらゆる手続きでマイナンバーは必須になるとみられます。マイナンバーのスケジュールは引き続き注目です。この情報は『ラジオライフ』2015年12月号に掲載されていました。

■「マイナンバー」おすすめ記事
マイナンバーで副業はますますバレやすくなる
副収入がマイナンバー導入後でもバレない裏ワザ
マイナンバー制度とは東日本大震災が転機だった
マイナンバー制度のデメリットがあまりに多い件
マイナンバーは海外に移住しても逃れられない!?
マイナンバーで副業バレのリスクを下げる方法
マイナンバーのセキュリティ3つの危険ポイント
個人番号カードは通知カードが来たら作るべき?

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事