ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

シュレッダーはさみは90度回転でもう一度切る

箱型のシュレッダー以外にも、紙を裁断したり個人情報を守るシュレッダーはさみがあります。安価なものも多いなか、シュレッダーはさみの実用度を検証してみましょう。とくにシュレッダーはさみは、紙を90度回転させてもう一度切るとセキュリティレベルが上がります。



スポンサーリンク
シュレッダーはさみは90度回転でもう一度切る

シュレッダーはさみのおすすめ

シュレッダーはさみのおすすめは、エムワンの「力いらずの 5枚刃シュレッダーはさみ」。1度の裁断で、5組の刃により4本の短冊切りができる仕組みです。

シュレッダーはさみは、そのままでは3~4W×60Hmmのストレート細断です。しかし、紙を90度回転させてもう1度切れば、4mm四方と小さくなるので侮れません。これならシュレッダーのセキュリティレベルも「5」となります。

ただし、刃が10枚もあるので重く、手間もかかるのも事実。一方で、狙った場所を確実に4W×4Hmmでマイクロカットできるのは魅力でしょう。サイズは80W×195H×20Dmmで、重さは185g。価格は695円です。

シュレッダーのセキュリティレベル

シュレッダーはさみとは少し違いますが、ナカバヤシの「セキュリティーパンチアナーケル」もおすすめ。一見ホッチキスのようですが、実体は7穴パンチです。

細断クズは直径数mmの小さな円となり、文字判読は困難でセキュリティは高いといえます。ただし、穴開けの位置決め用に突起があるものの、意図する場所を狙いにくいのは難点です。

とはいえ、切れ味がいいため快適なパンチングが楽しめます。細断面積もシュレッダーのセキュリティレベルはほぼ「5」です。サイズは136W×67H×25Dmmで、重さは185g。価格は1,020円となっています。この情報は『ラジオライフ』2016年2月号に掲載されていました。

■「シュレッダー」おすすめ記事
シュレッダーおすすめはAmazon限定のコクヨ製

■「セキュリティ」おすすめ記事
指紋認証でPCのセキュリティを万全にする!
ウイルスチェックを50以上のソフトで一括スキャン
パスワード管理ソフトのオススメは「KeePass2」
キーロガーはUSB型を設置されたら発見は困難
パスワード表示ソフトでアカウント情報が丸見え

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。