ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

防犯カメラの設置費用をゼロ円にする方法とは?

愛車がイタズラされる、庭に生ごみが投げ捨てられるなど、わざわざ高価な防犯カメラやネットワークカメラを購入するほどではないが、設置費用を抑えて一時的にちょっとカメラで自宅を監視したい時があります。そこで、防犯カメラの設置費用を極限まで安くする方法を紹介しましょう。



スポンサーリンク
防犯カメラの設置費用をゼロ円にする方法とは?

防犯カメラの設置費用が安い

防犯カメラの設置費用を抑えたい時にオススメなのが「iVideon」というソフト。PCにつないだWebカメラを、簡単にIP監視カメラ化できます。iVideonは公式サイトからダウンロード可能です。

同様のソフトはいくつかありますが、iVideonは映像をWeb上にアップし、出先からアカウントとパスワードを入力して見るだけ。特別なルータやネットワークの設定は要りません。

ユーザー登録とソフトのインストールだけで、どこからでもカンタンにカメラにアクセスできるのが、iVideon最大のメリット。防犯カメラの設置費用を極限まで安くできます。

防犯カメラの設置費用がゼロ

防犯カメラの設置に必要な物は、PC、Webカメラ(200万画素でも1,000円程度)、ネット回線。モニターする側は、PCでもスマホ(Android、iPhoneともに可)でもOKです。PCがカメラ内蔵ならWebカメラは不要。内蔵カメラだと違和感なく監視できるので好都合。これなら防犯カメラの設置費用はゼロです。

iVideonは、監視するだけの基本利用なら無料プランでOK。有料プランを選択すれば、クラウド録画(泥棒がPCを盗んでも映像は残る)したり、異常アラームメール(ずっと監視はできないので便利)を出したりなど、業務用ネットワークカメラにある機能が使えます。

あとは、監視したい方向にカメラを向けるだけ。これで防犯カメラの設置費用を極限まで抑えながら、好きな時に様子を確認できます。この情報は『ラジオライフ』2016年3月号に掲載されていました。(文/月亭課長)

■「防犯カメラ設置」おすすめ記事
防犯カメラの設置は照明ソケットに挿すだけ!
防犯カメラの設置を自力でするための注意点とは
防犯カメラの設置は映像の伝送方式がポイント
防犯カメラの設置費用はプロがやるといくら?
防犯カメラを設置して日中と夜間の映像を検証

■「防犯カメラ」おすすめ記事
防犯カメラに小型の動体検知機能付き基板カメラ
超強力レーザーポインターは防犯カメラを焼く
ダミーカメラを改造して本物の防犯カメラにする
防犯カメラの証拠映像が犯人逮捕につながる現在
防犯カメラに無線式を選ぶのはプロじゃない!?

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事