ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

手回し発電機がかつてないほどコンパクトに!

スマホの充電にも使える手回し発電機はいざというときの防災グッズの必需品。コンパクトサイズの手回し発電機は場所をとらないため、防災袋に入れておきたいところです。そして、Amazonで見つけた手回し充電器が「ポケットソケット2」折り畳むとスッキリした小判型になります。



スポンサーリンク
手回し発電機がかつてないほどコンパクトに!

手回し発電機はコンセントタイプ

そろそろ防災袋を再点検しようと思っていたところ、かつてないほどコンパクトな手回し発電機をAmazonで発見しました。それが「ポケットソケット2」。価格は11,944円です。

ポケットソケット2は重さ420g、折り畳んだ状態で最長20cm弱と、画期的な小ささ。コンセントタイプだからモバイル機器や無線機の充電など汎用性も高めです。

手回し発電機の使い方は本体をしっかり握って、ハンドルを回すだけとシンプル。燃料やメンテナンスは不要なので、災害時・緊急時の補助電源として重宝するはず。ぜひ備えておきたいアイテムです。

手回し発電機は等速で回し続ける

この手回し発電機は必要電力に応じてハンドルが重くなる仕様。3周目くらいから、一気にハンドルが重くなりますが、グッとこらえて等速で回し続けなければなりません。ちなみに3分ほど回して、iPhone5sの電池が1%溜まりました。

このほか、Amazonで見つけた防災グッズが「AMOKURUマルチツール」。サバイバルで必須の十徳ナイフ内蔵の懐中電灯です。価格は1,480円となっています。

高輝度の白色LEDと点滅する赤色LEDの2パターンを、状況に応じて使い分けられる設計。防災袋に入れておきたい一品です。この情報は『ラジオライフ』2016年3月号に掲載されていました。

■「手回し発電」おすすめ記事
防災ラジオのおすすめは手回し充電のRF-TJ10
自家発電ならコンセントタイプのペダル式発電機
カセットボンベの発電機は2本で1時間運転する

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。